アデルの新作、9月のリリースはなし

ツイート

この秋期待されていたアデルのニュー・アルバムだが、新型コロナウイルスの影響を受け、リリースが遅れることが決まったという。

アデルは今年2月中旬、友人の結婚式で歌った際、「私のアルバムは9月を期待してて」と明かしたが、その後、新型コロナウイルスの感染が拡大。彼女をマネージメントするSeptember Managementの創立者でCEOのジョナサン・ディキンズは最近、『Music News』のインタビューで「9月には出ない」と話した。現時点、リリース日は未定だという。

「準備ができたら出るよ。僕らはみんな、同じ船に乗ってる。何かやっていて、突然、世界が止まった。まだ日程はわからない。音楽はあるが、まだ取り掛かっている最中だ」

同様に、彼がマネージメントするロンドン・グラマーの新作も遅れているという。

アデルの新作は、『25』(2015年)以来、通算4枚目のスタジオ・アルバムとなる。彼女はこの5年の間に夫と別離したが、その体験や想いを曲にはしていないと言われている。関係者が『The Sun』紙に明かしたところによると、アデルは夫に恥をかかせたり、息子に曲を通じ親が抱えていた問題について知って欲しくないという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報