全米アルバム・チャート、リル・ベイビーが1位、ボブ・ディランの新作は2位に

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、先々週、先週と変わらず、リル・ベイビーの『My Turn』が首位をキープした。これで3月に初登場1位を飾って以来、非連続4週目の全米1位となる。

英国で今週初登場1位に輝いたボブ・ディランの新作『Rough And Rowdy Ways』は、本国では2位にチャート・インした。ディランにとって23作目の全米トップ10ヒット、50作目のトップ40ヒットで、これにより彼は60年代からの十年紀全てでトップ40入りした初のアーティストとなった。『Billboard』によると、60年代は8作、70年代は14作、80年代は7作、90年代は4作、2000年代は7作、2010年代は9作、そして現時点、2020年代に1作が40位圏内をマークしているという。

3位には、ラッパー、エイ・ブギー・ウィット・ダ・フーディのサード『Artist 2.0』(今年2月リリース)がデラックス・ヴァージョンが発売されたことで先週の80位から大きく再浮上。同作は2月、最高位2位につけた。

今週のトップ10圏内には、ディランほか、女性シンガー、テヤナ・テイラーのサード・アルバム『The Album』が8位に初登場している。彼女にとって初のトップ10アルバムとなった。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報