ジューダス・プリーストのリッチー・フォークナー「K.K.ダウニングに会ってみたい」

ツイート

ジューダス・プリーストのギタリスト、リッチー・フォークナーは、彼の前任K.K.ダウニングに会ったことがないそうだ。じっくり話をしてみたいという。

◆ジューダス・プリースト画像

YouTubeに投稿されたSam Coulsonとのインタビューで、「晩餐会に招待したいギタリスト(生死を問わず)を3人挙げるとしたら?」との質問にフォークナーはこう答えた。「1人はジミ・ヘンドリックスだね。純粋に、音楽面での彼のルーツ、ギター・プレイヤー、ソングライターとしてどんなところからインスピレーションを得たのか教えて欲しい。もちろん、彼のルーツはブルースだ。でも、僕は彼が何に影響されブルースを他のものに変えることができたのか、わからないんだ。だから、ジミには来て欲しい」

「それに、モーターヘッドのフィル・キャンベルだ。彼とはいつも楽しい時間を過ごしてる。彼とは友達なんだ。彼は本当に素敵な人なんだよ。何度かモーターヘッドとツアーやったことがある。僕はフィルを愛してる」

「そして3人目は多分、K.K.ダウニングだ。僕はK.K.に会ったことがないんだ。一度くらい会いたい。それで、プリーストの話なんかを教えて欲しい。ホント、これまでケン(K.K.)に会って話す機会はなかったからね」

ダウニングは2009年10月に日本で開催された<Loud Park>でのパフォーマンスを最後にジューダス・プリーストから脱退。2011年春、Lauren Harrisのバンドで活動していたリッチー・フォークナーの加入が発表された。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報