Chara、SIRUP、TENDRE、BASIら豪華ミュージシャン参加したリモートコラボ音楽制作プロジェクト「TELE-PLAY」第一弾本日配信スタート

ツイート

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、多くのアーティスト活動・音楽活動が制限される中でレッドブルがサポートのもと始動したリモートコラボで新たな音楽制作の形を実現するプロジェクト「TELE-PLAY」。豪華メンバーが集結し話題を集める中、本日6月30日から待望の配信がスタートした。

◆ 「TELE-PLAY」 関連動画&画像


「TELE-PLAY」第一弾となる楽曲「あいにいきたい」(英題:Miss you so bad)には、Chara、SIRUP、TENDREという素晴らしいボーカリスト陣に加え、ラッパーのBASI(韻シスト)、さらに屋敷豪太、HSU(Suchmos)、Shin Sakiura、A.G.O (CIRRRCLE)、挾間美帆など、錚々たるメンバーが集結した。

注目すべきMUSIC VIDEOは、全てアーティストが自宅で自録りした映像で構成されている。魚眼レンズを通じて、まるでアーティストの制作現場を覗いているかの様な高揚感を感じられる作品に仕上がっている。


また、J-WAVE(81.3FM)夏のキャンペーン「MY NORMAL NEW SUMMER」のキャンペーンソングにも決定。ウィズコロナ時代における新しいエンターテインメントとして、8月30日まで「あいにいきたい」がオンエアされる。企画のプロデューサーは発案者でもある小西遼(CRCK/LCKS・象眠舎)。コロナ禍で生まれたこのプロジェクトは、作詞・作曲からレコーディング・ミックス作業、MV撮影まで楽曲制作に纏わる全ての行程が完全リモートで制作されている。さらに、音楽活動が制限されているアーティストのために、レッドブルとパートナーシップを組み、各アーティストに翼をさずけた。


TELE-PLAYはこの後も継続的に制作が予定されており、既に第2弾プロジェクトも進行中。こちらにも期待が高まる。自粛期間が明ければ、今企画のライブストリーミングをRed Bull Music Studios Tokyoで行う予定だ。


『あいにいきたい(feat. BASI, Chara, SIRUP, TENDRE and Ryo Konishi)』

2020年6月30日(火)配信リリース
https://fanlink.to/teleplayep01

◆「TELE-PLAY」 オフィシャルサイト
◆「TELE-PLAY」 Twitter
この記事をツイート

この記事の関連情報