従来の教本になかったギター・スタイルが学べる 「R&Bギターの教科書」が登場

ツイート

『R&Bギターの技法』が 2020年7月17日に発売される。

◆ 『R&Bギターの技法』 関連画像

R&Bとは誕生以来多様化しながら現在に至る音楽ジャンルだが、 本書は60年代の初期R&Bを中心に絞りつつ、 新たな盛り上がりを見せるシティ・ポップやネオソウルなどでも活用できる、 R&B ギターのプレイ・スタイルを実用的にまとめた日本初の本だ。R&Bの最大のポイントとも言えるフィル・インに多くのページを割き、 後半ではコード・ワークも紹介している。

本書の執筆にあたり、 筆者の竹内一弘は1,000曲以上のR&Bの名曲・名演を聴いて演奏スタイルの特徴を研究分析、 その成果を惜しむことなく今回のムックにまとめた。 その結果、 掲載したかったフレーズが膨大過ぎてしまい、 半分以上カットとなったが、 それでもCD2枚分の大ボリュームとなっている。

本書の教本としての大きな特徴がふたつある。「1:読んで弾いていて楽しい」。これは掲載された譜面が「実際のフレーズをモチーフにしたもの」だからだ。 実際に名曲・名演で使われているフィル・インやコード・ワークを参考にしており、 とにかくカッコいい。 理屈は置いておいてただ弾くだけでも十分楽しめる仕様となっている。「2:ギター奏法の不足要素を学ぶ教本として有益」。これまで日本ではなかったR&Bギターの教本ということで、 既存のギター教本ではあまり強調されてこなかった部分が学べる。 本書には「2小節の間で1回複音を鳴らすだけ」といった文字にすると簡単そうなフレーズもあるが、 弾かない部分でもしっかりとリズムを感じていないと上手に良い感じには弾けない。 従来の教本では習得できていないギター演奏技術の補講としてもとても有効な内容なのである。

R&Bが好きな方はもちろんのこと、 既存の教本やトレーニング本が似通った内容だと感じているような人にも手にとっていただきたい1冊だ。


『R&Bギターの技法』

2020年7月17日(金)
著者:竹内一弘
定価:本体2,200円+税
発行:リットーミュージック
商品情報ページ  https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3119217108/

CONTENTS
第1章 R&Bを彩る珠玉のフィル・イン編
第2章 R&Bの屋台骨、 コード・ワーク編
第3章 ミクソリディアン・モード/ブルース
第4章 R&Bに見るギター・アンサンブル

◆リットーミュージック オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報