ARダンス&ボーカルグループ「ARP」、生配信ライブの開催など今夏の予定を一挙発表

ツイート

ARダンス&ボーカルグループ「ARP」が、生ライブ、新曲、アニメ『ARP Backstage Pass』スペシャルエピソードを配信することを発表した。

ARPは2020年3月のアニメ放送終了後から、ワンマンライブやイベントライブなど精力的にライブ活動をする予定だったが、新型コロナウィルスの感染拡大による自粛により全てが延期、中止になっていた。その間、LINE LIVEなどでファンとの交流を図っていたが、この夏一気に動き出すことが判明。

まずは8月5日に新曲「Neo World」を配信スタート。本楽曲には新しいステージに向けての彼らの決意が込められており、彼らなりの“new normal”が表現された作品だ。様々な価値観のチェンジを求められている今だからこそ、前に進んでいく「力」や「希望」、そして時間や距離も超えてみんなで「繋がっていく」ことの大切さを歌った、疾走感溢れるダンスチューンとなっている。作詞作曲には、数々のヒット曲を生み出している栗原暁(Jazzin’ park)と前田佑のコンビが参加。ARPの新たな一面を切り開く楽曲となっている。

そして8月15日、16日には<アニメ ARP Backstage Pass後夜祭 Celebrate Good Time -EXTEND->と題されたライブがオンラインで行われる。音楽、ダンス、AR技術、アニメ、トークが融合し、ライブ中にバトルの勝敗を決する世界初遠隔による多人数リアルタイムゲームアプリ「ふれフレ」での観客参加型ソングバトルも行われる予定とのこと。また、このライブ配信には世界初となるアリスシステムと連動した「マルチEyesライブカメラ」を導入。様々なカメラアングルによって迫力あるライブ映像が楽しめる。

また、3月に終了したアニメ『ARP Backstage Pass』のスペシャルエピソード「Paradise」が配信される。彼らの物語のその後を描く特別エピソードとして、ライブシリーズ<KiCK A’LIVE>シリーズへのストーリーが描かれる。dアニメストア、dTVで7月13日23時から先行配信、その他サイトでも7月20日23時以降から順次配信予定となっている。

メンバーのシンジは「活動自粛でファンの皆さんにお会いする機会がなくなり僕たちも悲しい思いをしましたが、その間メンバーとしっかり話し合う事が出来ました。皆さんに次お会いできる時には何ができるかを。何をすべきかを。新曲「Neo World」は直訳すれば「新しい世界」。アニメの放映が終わり、僕たちも新しいステージに挑戦するタイミングですし、新しい未来に向かって夢や希望を持ってチャレンジできることを表現した曲になっています。そして、ライブは僕たちが今できることの全てを表現する場にしたいと思ってます。本当は会場でファンの皆さんにお会いしたいのですが、それはまだ叶いません。でも配信だからこそできることを考えてファンの皆さんと一つになりたいと思っています。期待していて下さい」と語っている。

それ以外にも7月6日からはアニメ『ARP Backstage Pass』のテレビ地上波再放送がスタートすると同時に、ARPの過去のライブが楽しめる『ARP REMIND on the WEB』もスタートする。7月16日にはレオンによるLINE LIVE、7月22日にはレギュラーラジオ『アメージングレディオパフォーマーズ オン・ザ・ウェブ』のサブスクリプション配信が決定している。

これら予定の詳細は、オフィシャルサイトにて。

◆ARP オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報