SPiCYSOL、 “波の日”生配信ライブでRyu Ambeとコラボレーション

ツイート

SPiCYSOLが7月3日(金)、生配信ライブ<73machi Online Live in 渋谷TSUTAYA O-EAST "自由気ままに">を開催した。同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

◆SPiCYSOL MV、画像

   ◆   ◆   ◆

SPiCYSOLが7月3日(金)に渋谷TSUTAYA O-EASTにて無観客での有料生配信ライブ<73machi Online Live in 渋谷TSUTAYA O-EAST “自由気ままに”>を行なった。

5月から開始予定だった全国ツアー、そしてこの日もワンマンライブを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で全て中止に。毎年7月3日はバンド結成時から年に一回の“波の日”として毎年自主企画を開催してきた大切な日であり、今年は開催予定だった会場の東京・渋谷TSUTAYA O-EASTから有料チケット制での生配信ライブとなった。

ライブスタート前、正にこれから始まる“波の日”を予感させるような、静かな海の波の環境音とブルーのバンドロゴ、照明が映し出される幻想的な雰囲気で配信がスタート。1曲目「Traffic Jam」のイントロで鳴らされたAKUN(G)のセクシーなカッティングフレーズがステージの熱量を一気に上げるお馴染みの展開の中、早速今回のスペシャルな企画がお目見え。KENNY(Vo,G)に呼ばれステージに迎え入れられたのは、キャラクターデザイナーのRyu Ambe。ポップでコミカルな表現、茅ヶ崎在住で海のカルチャーにも精通する彼はバンドからのオファーを快諾、この日ステージ上にてライブペインティングでの共演となった。






KENNYの「“波”にかけた73分のセットリストを組んで、今日という日全体をアートにしたい」というMCでRyu Ambeと共にライブを再開。ライブ初披露となった「It’s Time」他、数曲を挟んだ後、ステージでKENNYがひとり弾き語ったのは初期の名曲「Sunset Beach」。曲名の通り、たおやかな夕暮れの雰囲気漂うアコギと歌が終わった後、この日2つ目のサプライズ演出が。

メインステージから切り替わったカメラで映し出されたのはKENNY以外のメンバーによるサブステージでのアコースティックセッション。全員が衣装も着替え、この日だけのオリジナル編成とトークでサブステージは進行。最後に届けられたKENNYとAKUNの2人による「Mellow Yellow」はアコースティックギターとエレキギターが調和した極上のメロウバイブス。バンドセットとは一味違うSPiCYSOL特有のチルスタイルが大いに堪能できた演出に心が奪われた。

その後画面は再び切り替わり、PETE(Key,Tp,Cho)とKAZUMA(Dr)、サポートベーシスト濱田織人による3人編成でのセッションでメインステージでの、フルバンドセットでのライブが再開。KENNYの独唱から始まったバラード「Coral」などを経て「After Tonight」のかき鳴らしで73分が終了。Ryu Ambeが「最高に楽しかった。SPiCYSOLの曲からインスパイアされた」と語ったカラフルな作品をバックに、ラストの「Two Eyes」で豪華な“波の日”ライブは終了した。





   ◆   ◆   ◆

なお、このライブのアーカイブは7月11日(土)まで視聴可能。Ryu Ambeがライブペインティングした作品はSPiCYSOLの新しいアーティスト写真として公開された。また、YouTubeでは、ライブ後に配信された「It’s Time」のミュージックビデオも公開されている。



▲SPiCYSOL アーティスト写真

<SPiCYSOL 『73machi Online Live in 渋谷TSUTAYA O-EAST “自由気ままに”』>

配信日時:2020年7月3日(金)
アーカイブ視聴、チケット購入:2020年7月11日(土)23:59まで
イープラス「Streaming+」:
https://eplus.jp/spicysol/
ZAIKO:
http://spicysol.zaiko.io
※アーカイブ配信期間が当初の発表から変更となりました。

この記事をツイート

この記事の関連情報