EXILE ATSUSHIとAIのミュージシャン支援プロジェクト、公式YouTubeチャンネル開設

ツイート

EXILE ATSUSHIとAIが発起人となったミュージシャン支援プロジェクト「Musician Aid Japan Project」の公式YouTubeチャンネルが開設された。

◆「Musician Aid Japan Project」動画、画像

同プロジェクトは、新型コロナウイルスの影響で活動の場を奪われたミュージシャンたちを支援するという目的と、“ライブへ行くことができないファンの皆さまへ、音楽を届けたい。”との想いからスタートするもの。今後、ミュージシャンによるソロ演奏やフリートーク、リモートによるコラボ演奏、スペシャルセッションやコラボトークといったコンテンツを配信していく予定だという。

公式チャンネルではYouTubeの「チャンネルメンバーシップ」制度を取り入れ、メンバー登録したユーザーは、“ライブチケット購入”という位置付けでライブ配信やアーカイブ映像を視聴することが可能となる。スーパーチャット機能を通じて、生配信中に直接的にミュージシャンを支援することもできるそうだ。このチャンネルの収益は、必要経費を除き、全て参加ミュージシャンに分配される予定となっている。



第一弾として、今剛とEXILE ATSUSHIがリモートでセッションを行い撮影した長渕剛「乾杯」の映像が本日7月7日(火)正午に公開された。

■「Musician Aid Japan Project」概要

プロジェクト名:「Musician Aid Japan Project」(ミュージシャン エイド ジャパン プロジェクト)
略称:「MAJP」(エムエージェイピー)
チャンネルURL: https://www.youtube.com/channel/UCGi3m6jLL2FqLWdV5Vggc7g
・発起人アーティスト
EXILE ATSUSHI、AI

・賛同アーティスト
杏里、石井竜也(米米CLUB)、今市隆二・登坂広臣(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、大黒摩季、TAKURO(GLAY) 他

・配信予定ミュージシャン
佐野健二(監修)
庵原良司、海野あゆみ、小倉泰治、KAZ、木島靖夫、小林岳五郎、小湊昭尚、小山豊、今剛、後藤克臣、SION、平陸、永井誠一郎、notch、NOBU-K、ヒダノ修一、Philip Woo、FUYU、本田雅人、マサ小浜、松田博之、MARIO、吉永真奈、Lorenzo Braceful(50音順)
※参加ミュージシャンは順次拡大予定
※配信スケジュールは公式SNSアカウントより発表

この記事をツイート

この記事の関連情報