「Studio One 5 日本語版」登場、スコア編集やライヴ・パフォーマンス用機能を新たに搭載

ツイート

PreSonusの人気DAWソフト「Studio One」がメジャー・バージョンアップ、「Studio One 5 日本語版」が登場した。新たにメンバーシップ・プログラムSphereも同時リリースされた。

「Studio One 5」は、同社のNotionをベースとしたスコアリング機能、ライブ・パフォーマンス用ショー・ページ、サンプル精度のゲイン・エンベロープ、リデザインされたNative Effect、拡張ミキサー・シーン、リッスン・バス、最高レベルの64bit/384kHzレコーディング/ マスタリングなど数々の機能向上を提供。また、外部MTC/MMC 同期、ポリプレッシャー/MPE対応、カラー・スキーム拡充など、多数のユーザー・フィードバックが生かされている。ミドルレンジの「Studio One Artist」が待望のVST/AU/ReWire標準サポートを果たしたのも見逃せない。



新機能の中でも注目したいのがライヴ・パフォーマンス用のショー・ページ(Professionalのみ)。楽曲制作に使用したバーチャル・インストゥルメントやエフェクト設定をエクスポートしてカンタンにステージで利用できる。セットリスト機能では連続再生や曲終わりでの停止、ループ再生も可能。曲間の休憩やMCタイム、開演遅れの調整にも柔軟に対応できる。



製品ラインナップは3種類。64bitオーディオ・エンジンとマスタリングまでを統合した最高峰「Studio One Professional」、音楽制作にフォーカスしたミドルレンジ「Studio One Artist」、そして使えるフリー・バージョン「Studio One Prime」で構成される。さらに、各種バージョンアップ/アップグレード版、Professionalへロープライスで乗り換えることができるクロスグレード版、アカデミック版、マルチライセンス版もラインアップしている。各製品の概要は以下のとおり。搭載機能の詳細についてはStudio One 5日本語ポータルサイトでチェックしてほしい。

●Professional 日本語版/クロスグレード日本語版
64bitオーディオ・エンジン、スコア・エディター、ショー・ページ、64bit浮動小数点WAV録音とエクスポート、ミキサー・シーン、コード・トラックとハーモニー編集、スクラッチパッド、統合的なマスタリング機能、VST/AU/ReWire 対応、QuickTimeビデオ対応、AAF対応、Melodyne統合、Notionとの連携、エフェクト・プラグイン41種/ バーチャル・インストゥルメント5種収録/Note FX 4種収録など

●Artist 日本語版(PreSonus製ハードウェアにもバンドル)
VST/AU/ReWire対応、パターンベースのアレンジ機能、フォルダー・トラック、トランジェント検出、グルーヴ抽出/クオンタイズ、イベントベースのエフェクト、マクロ・ツールバー、Melodyne統合、Notionとの連携、エフェクト・プラグイン30種/バーチャル・インストゥルメント5種収録/Note FX 1種収録など

●Prime 日本語版(8月提供開始予定)
トラック数無制限、パターンベースのアレンジ機能、マルチトラックMIDI/オーディオ編集、高度なオートメーション、MP3対応、リアルタイム・タイムストレッチ、Notionとの連携、Presence XTサンプラー&基本コンテンツ、エフェクト・プラグ
イン9種収録など

日本時間2020年4月8日14時~7月7日までにStudio Oneを初めて登録またはアクティベーションしたユーザーは、同エディションのStudio One 5へ無償でバージョンアップすることが可能だ。

■PreSonusのメンバーシップ・プログラム「Sphere」誕生

新たに登場した「PreSonus Sphere」は、クリエイター/ ミュージシャンからエンジニアまでミュージックでつながるグローバル・コミュニティのプラットフォーム。「Studio One Professional」および「Notion」を含む音楽制作向けソフトウェア・ソリューションのコンプリート・ライセンス、100を超えるサンプル/ エフェクト/ ループのライブラリ、クラウド連携ツールとストレージ、Studio Oneエキスパート達とのチャット、マンスリーで提供されるトレーニング/ イベントへのアクセスなどがリーズナブルな月間/年間メンバーシップ・プライスで提供される。価格は月間1,530円/年間16,800円。


製品情報

◆Studio One 5 Professional
価格:オープン(MUSIC EcoSystems STORE価格 42,800円、クロスグレード:32,000円)
◆Studio One 5 Artist
価格:オープン(MUSIC EcoSystems STORE価格 10,600円、バージョンアップ/ アップグレード:5,200円から)
発売日:2020年7月8日
この記事をツイート

この記事の関連情報