TOKIO城島茂、松岡昌宏、国分太一が福島の旬を伝える新CM、放送決定

ツイート

TOKIOがCMキャラクターを務める福島県のCM3篇の放送が、7月15日(水)より関東、関西、中京、北海道、福島県内にて順次スタートする。

福島県では2011年の東日本大震災以降、県産農林水産物の魅力や安全性について情報発信の取り組みを強化している。その一環として、CMキャラクターにTOKIOを起用し、「ふくしまプライド。」をキャッチフレーズとしたテレビCM、グラフィック広告が平成24年度から展開されてきた。

今回は、CMキャラクター就任9年目を迎えたTOKIOのメンバーのうち、城島茂と桃の生産者が出演する『桃』篇、松岡昌宏と漁業関係者が出演する『カツオ』篇、国分太一と小学生たちが出演する『夏野菜』篇がオンエアされる。また、同CMには2017年に“赤べこ”をモチーフとして誕生したキャラクター・ベコ太郎も登場。福島にいる生産者と東京にいるTOKIOが旬を迎えたおいしい農林水産物で繋がり、互いの思いの通じ合う作品に仕上がった。

撮影は、『桃』篇と『カツオ』篇が6月下旬、『夏野菜』篇が7月上旬に行われた。『桃』篇に映る桃農園は福島市内のもの。城島は都内のハウススタジオで、回転台に乗って、“んだんだ”のリズムに合わせてポーズを取った。このとき、予定していたポーズだけでなく、城島が監督とやりとりをする中で即興で考えたポーズも数パターン追加。CMでは城島が考えたポーズが採用されている。

『カツオ』篇の漁業関係者たちのシーンは小名浜漁港で撮影された。「ふくしまプライド。」のCMに福島県の水産物が登場するのが今回が初めてということで、カツオを食べるのがとても楽しみだったという松岡。彼が食べたカツオは撮影の3日前に水揚げされたもので、新鮮で身が締まっており、大きな声で「うまいっ!」と反応してしまうほど、おいしかったようだ。

『夏野菜』篇で小学生たちがいるのは矢吹町のトマト農園。国分は都内にある古民家のようなハウススタジオに白いタキシード姿で現場入りし、「この空間と衣装は似合わないな~」と笑いながら話していた。トマトを食べるシーンの撮影では、真っ白なタキシードにトマトの汁が飛ばないように注意しながらも、ガブッと豪快に食べたり、上品に食べたりと様々なパターンで演技した。

■CM情報

タイトル:「ふくしまプライド。」新CM
『桃』篇(15秒)
『カツオ』篇(15秒)
『夏野菜』篇(15秒)
放送開始日:2020年7月15日(水)より順次
放送地域:関東、関西、中京、北海道、福島県内
「ふくしまプライド。」サイト:https://fukushima-pride.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報