ナイル・ロジャース、リスナーを気にせず音楽を作っていたデヴィッド・ボウイを羨む

ツイート

黒人アーティストはいまだ「一車線を走らざるを得ない」と感じているというナイル・ロジャースは、以前、デヴィッド・ボウイとそういう話をし、リスナーのことは気にせず音楽を作っている彼を羨ましく思ったという。

◆ナイル・ロジャース画像

ロジャースは英国のフリーペーパー『Metro』のインタビューで、ブラック・アーティストに対して音楽業界は変化してきたかと問われると、こう答えた。「多くのアーティストがより裕福になり、より早く有名になっている。でも、ブラック・アーティストはまだ基本的に……、基本的に一車線を走らなくてはならない。僕はずっとこの点と闘おうとしてきた。でも、固定観念を持たれ、時流に乗ろうと応えなくてはいけないとき、それはとても難しいんだ」

「デヴィッド・ボウイと仕事したとき、彼はそんなこと考えたことないって言ってた。彼は、“僕は自分の感じていること、自分が見ていることについて考えるだけだ。どのオーディエンスが気に入るかなんて気にしていない”って。僕は、“ジーザス、白人でいることは素晴らしいに違いない”って答えたのを覚えてるよ」

「彼はわかってくれた。全く気分を害していなかったよ。彼は完全に理解してくれた」

ロジャースは最近、アイヴァー・アカデミーとApple Musicが開始したUKの新人アーティストの育成プログラムのメンターとなり、これから1年間、女性シンガー・ソングライターAmahlaを指導していく。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報