Face Records、2020年7月28日渋谷に新たに誕生する「RAYARD MIYASHITA PARK」に新店舗オープン

ツイート

FTF株式会社は中古アナログレコードを中心に販売するレコード店「Face Records」を2020年7月28日、渋谷宮下公園跡地に誕生する「MIYASHITAPARK」内商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」に開店する。

◆ Face Records 関連画像



1994年に開業し、渋谷で約四半世紀に渡りアナログレコード専門店として営業しているFTFは、レコードの聖地・宇田川町、ニューヨーク、姉妹店のGeneral Records Storeを下北沢で運営。また、レコード・CD買取専門部門としてもEcostore Recordsを渋谷区松濤で運営している。現在は国内のアナログレコードファンへの販売のみならず、海外向けの販売サイトなどを通じて世界のありとあらゆる国々のファンへ中古レコードを届けていることで知られている。



RAYARD MIYASHITA PARKの新店舗では近年、日本はもちろん国外でも注目されているシティポップはじめアニメーションのサウンドトラックなど幅広いジャンルのレコードやオーディオ機器、オリジナルグッズも取り扱い予定となっている。新店舗オープンのメインビジュアルは電気グルーヴはじめ人気アーティストとのコラボグッズやツアーグッズ、 様々な企業の広告、 ビジュアルを手掛けている近年注目のグラフィックデザイナー、 ステレオテニスを起用。ノスタルジックな時代感覚をイラストやグラフィックなど様々な手法で生み出された作品は、リバイバルでありながら時代に沿ってデザインされており、 古き良き物から新しさを見出していこうというFace Recordsの"今"とリンクしている。 メインビジュアルを使ったFace Records MIYASHITA PARK限定のオリジナルグッズも販売される。また館内BGMに関してもFTFが担当。 多様な価値観やカルチャーがミックスする渋谷イメージし、 耳の肥えたスタッフが厳選した音楽を選曲を行う。

今、 音楽鑑賞はストリーミングが主流という時代だからこそ、 レコードを探したり、 ジャケットを見て触り、 針を落とし、 レコードにしかない音質を聴くレコードならではの楽しさが再認識されているのではないだろうか。これからも多くの人にレコードの素晴らしさ、 感動を届けられるよう新たに「RAYARD MIYASHITA PARK」という様々な人種や世代が交わる場所の特性を生かし、 今までレコードに馴染みのない若い世代の方にもレコードに触れるきっかけを作り、 "レコードのある暮らし"を提案していく。

■Face Records

東京都渋谷区神宮前六丁目20番10号MIYASHITA PARK South 3F 30900
電話番号:03-6714-5645
開店日:2020年7月28日(火曜日)

◆Face Records オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報