ビリー・アイリッシュ、ジャスティン・ビーバー大好き過ぎて、両親がセラピーを検討

ツイート

ビリー・アイリッシュの両親は、ジャスティン・ビーバーの曲「As Long As You Love Me」(2012年)を聴き泣いてばかりいる娘を心配し、セラピーに連れて行くべきか検討したことがあったという。

ビリーの母マギーは、火曜日(7月7日)Apple Musicから配信されたビリーと彼女の父パトリック・オコンネルの番組『me & dad radio』にゲスト出演し、ビリーが10歳の頃のこんな逸話を明かした。「ダンス・スタジオまでビリーとドライブしていると、彼女はあの曲をプレイしながら泣きじゃくってるの。帰りもそうよ。そしてビデオ、もうじき公開されるって興奮して、泣いて泣いて……。私たち、あなたをセラピーに連れて行こうかって考えてたのよ。ジャスティン・ビーバーをめぐっては痛々しい感じだったから」

番組内で「As Long As You Love Me」がかかると、ビリーはまたもや泣き出したそうだ。

ビリーいわく、ジャスティンの音楽に限らず、泣いてばかりいる時期があったという。「毎日泣いてた時期があった。13、14、15歳のころね。毎日よ。そして17、18ではほとんど泣いてない。乗り越えたことの1つだって、誇らしく思うわ。泣くのが間違ってるわけじゃない。私は今、よりハッピーでもう泣きたいと思ってない。それっていいことよ」

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報