【インタビュー】WOMCADOLE、「ヒカリナキセカイ」に吠える新体制初シングル

ツイート

■やっぱ音楽最高って思いましたね

──シングルには全3曲が収録されますが、「YOU KNOW?」は、ものすごく獰猛でドライブ感がありますけど、この曲を作ったのもスランプ中ではあったと。

樋口:そうです。その中でも一番最初に生まれた曲で。俺の中で、弱いヤンキーやけどケンカには負けたくないっていう思想があるんすよ。俺自身は弱いけど、それでも負けたくないっていう。だから、スランプになったときに思いっきり自分のケツを叩いた曲っていうか。「やれんだろ樋口!」っていう。巻き舌で言う感じですね、「やれんのかお前」って。

マツムラ:デモを聴いたときはわりとシンプルで、いい意味で「ヒカリナキセカイ」よりもリードギターのアレンジが決まっていなかったんで、自分のアイデアが出てくるところはわりと自由にやらせてもらった感じでしたね。そこから結構バケた?

樋口:うん、そやね。

マツムラ:僕のフレーズを聴いて、他のメンバーもギターがこうするならこうしようって曲が進化していった感じでした。

──それこそ先ほどお話に出た「よりバンドっぽい」ところですね。

樋口:そうですね。この曲、レコーディングも珍しくて。最初にドラムを録るときに、クリックを意識せずに、感情の浮き沈みをリズムで出そうっていうことになったんすよ。一応クリックは流すんやけど、音をめっちゃ小さくして、縛るものはないからとにかく全力でやってくれって。歌録りもギター持ちながら歌ったんですよ、一発録りみたいな感じで。それがよかったというか、それだったって感じですね。

──それでこんなにグイグイくる感じがあるんですね。もう1曲の「doubt」は艶っぽくて色気がありますね。

樋口:この歌詞、実話なんですよ。<朝までトランプ>って歌詞があるんですけど、ダウトってゲームがあるじゃないですか。その当時好きやった子とトランプしてて、ゲームでは勝ったけど人間的な騙し合いでは負けていた感じがしたんで(笑)。

──なるほど(笑)。これまでとはまた違うカラーもある曲ですけども。

樋口:こういう曲調ってずっとやりたかったものではあるんですよ。それが今ならできるって確信したタイミングが、スランプやったときで。だからこそなんとかしようっていう感じでしたね。俺はR & Bも好きやし、ムーディーなブルースセッションみたいなシーンもこの曲にはあるけど、そういうのってずっとやってみたかったから、実は一番すっと出てきた曲でもあったし、それを整えてくれたのがユウちゃんやったりするんすよ。イメージの先に行っていたし、やりたいことを言う前にやってくれるタイプのギタリストやから、そこもやっぱり合ってるなと思ってて。

──元々、樋口さんの声ってセクシーだなと思ってたんですけど、それが映える曲調だなと思いました。

樋口:おおー、ありがとうございます。

──声を張らずに抑えている歌い方もいいですね。

樋口:自然とそうやって歌ってましたね。元々したかったこともあって、ずっとそういう歌の練習もしてたんで。でも、歌もそうやけど、俺らは全部ニュアンスが大事やと思ってるんですよ。そこが「doubt」にはよく出ましたね。だから、「なんでウォンカがこういう曲をできるのか?」というよりは、俺らは全部できるはずなんです。それを改めて感じたし、今後の曲作りもやりたいことを全部ぶち込んでいいんやって思えた曲やったりするんすよ。だから素直にいようと思えた曲でもありますね。

──マツムラさんはこういう曲調が好みというお話もされてましたけど。

マツムラ:得意っていうわけでもないんですけどね(笑)。難しいとは思いながらも好きっていう。こういう曲はギターがある種、自由にできるというか。ああいうのってたぶんメロディ楽器が結構重要やと僕は思ったりするんで、ここでこうしたらいいかなとか、樋口がやってほしいこととかが、確かにわかりやすい曲ではありました。

▲「ヒカリナキセカイ」通常盤

──あと、初回盤DVDには『一煮立チ “密着無観客演奏会”』と題して、浜大津B-FLATで撮影したライブ映像と、ドキュメンタリー映像が収録されます。この撮影時に初めて4人でステージに立って演奏しているわけですが、ご時世的にライブができない状況だからこそ、こういった映像を撮影しようと思ったんですか?

樋口:もちろんそれもあるし、結局ここまでライブができなくて、ユウちゃんの加入を6月に発表したけど、実際にいまもまだライブができていない状況で。そういう中で、新曲のMVをただあげるっていうのは嫌やったんですよ。ライブができない中で、マツムラユウスケという人間をより知ってもらえるのって、「ヒカリナキセカイ」が出た瞬間で、そこに入っている3曲だけになる可能性もあるじゃないですか。でも、DVDを観てくれたら、無観客ライブも入ってるし、ドキュメントもあるし、それぞれの想いを伝えているんで。だから、これもMVと同じで、リアルなものをおさえたかったっていう感じっすね。

──めちゃめちゃ内容が濃いですからね。ぜひいろんな方に見てもらいたいなって。

樋口:そこをうまいこと(宣伝を)よろしくお願いします。

マツムラ:はははは(笑)。

──ライブ映像は今回の新曲3曲が収録されていますけれども、やはりこの3曲を観せたかったと。

樋口:そうすね。シングルを出したらとにかくツアーをやりたかったのに、もしかしたらこの新曲たちがライブでできないまま終わるんか?ってなったときに、やっぱりその映像を出したかったっていうのが一番ですね。しかもユウちゃんが弾いている新曲やから。そのときは過去曲をやろうという意見はなかったです。ユウちゃんが弾いている曲を残したかった。

──それこそ今の4人をそのまま閉じ込めたかった。

樋口:そうですね。だからもうシンプルにいうと、やりたかった曲をやっただけです。

──無観客とはいえ、初めて4人でステージに立ったときはいかがでした?

樋口:めっちゃ気持ちよかった! やっぱ音楽最高って思いましたね。後ろからドラムの音が聴こえてくるのも久しぶりやったし、みんなが前に向かって音を鳴らすのはユウちゃんが入ってから初めてやったんで。目の前に誰ひとりいなかったにしろ、マインドとして、やっぱりこれはやめられねえし、また約束したくなったというか。みんな来いよ?って思いました。

マツムラ:僕も楽しかったですね。想像していた以上にアドレナリンが出たし、ほんまに無観客といえどライブはライブやし。いい意味で、ちゃんとギターが弾けへんかったというか。そのときの音を鳴らせたと思います。

──今回の新曲もそうですし、早くお客さん入れてライブやりたい気持ちもより高まりますよね。

マツムラ:どうなるんやろうな、最初のライブって。

樋口:絶対やばいやろ(笑)。

マツムラ:想像できひん(笑)。

──喜びがすごそうですね。

樋口:いや、もう全部っすよ。全部やばいと思う、絶対に。

取材・文◎山口哲生

3rd Single「ヒカリナキセカイ」

2020年8月5日(水)発売
■初回限定盤(CD+DVD)
¥2,850(税込) UPCH-7564

■通常盤(CD)
¥1,320 (税込) UPCH-5972

[CD]
1.ヒカリナキセカイ
2.YOU KNOW?
3.doubt

[DVD]
『一煮立チ “密着無観客演奏会“』
・新曲3曲のスタジオライブ映像
・制作風景や彼らの深層まで迫るインタビューを含むドキュメンタリー映像

この記事をツイート

この記事の関連情報