ポール・スタンレー「俺1人よりジーンと2人のほうが強力」

ツイート

キッスのポール・スタンレーが、長年のバンド・メイト、ジーン・シモンズとの関係について語った。目的を果たすのに彼の存在は欠かせなかったという。

◆キッス画像

スタンレーは、ジョー・ボナマッサがYouTubeで配信中の対談シリーズ『Live From Nerdville With Joe Bonamassa』でこう話した。「(初めて)ジーンに会ったとき、俺は彼のことが特に好きというわけではなかった。でも、実利主義ってものが関与してきた。目的を果たすには、何が一番重要か判断し、それを優先させなくてはならない。そして俺は、俺1人よりジーンと俺の方がより強力だってわかってた。彼がわかっていたかは知らないが、それはどうでもよくなった。“自分が行きたいところにはどうしたらたどり着けるか? 自分が求めていることはどうやったら成し遂げられるか?”ってことだ。ジーンはそれに必要不可欠だった。その50年後がこれだ。驚異的だよ。俺ら、自分らより長く残るものを創ってきた」

スタンレーは1年ほど前、シモンズとこれだけ長くやってこられた秘訣についてこう話していた。「素晴らしいパートナーシップというのは、欠点を理解することにある。ジーンに失望したことはあったが、いま思うに、俺はそういうとき、“それは彼の得意なとこじゃないんだ”と言うべきだった。俺が疑問に思うようなことを彼はするかって? 俺が同意したくないようなことを言うかって? ああ、するよ。でも、年中じゃない。俺らの核は勤労意欲であり、ときが経つにつれ絆が深まった。素晴らしいことだ」「ポテンシャルがありそうな人に会ったとしても、体験を共有し、危機や栄光、敗北にお互いどう反応するか見てみないことには何も生じない。ジーンと俺はそれを一緒に体験してきた」

スタンレーとシモンズは共通の友人を通じ知り合い、70年代初めから一緒にバンド活動(Wicked Lester)を始めた。キッスは2023年に結成50周年を迎える。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報