YOSHIKI、ファンと生電話。TAIJIへ「Without You」も演奏

ツイート

YOSHIKIが7月10日、ニコニコ生放送とYouTube Internationalサブスクリプション内の『YOSHIKI CHANNEL』にてセルフ生配信を行なった。

現在アメリカでは新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化しており、一日あたりの感染者数が全土で6万人に達するといった状況が続いている。カリフォルニア州だけでも一日に1万人以上と過去最多の感染者数を記録している。

この影響によりYOSHIKIはスケジュールの変更を余儀なくされ、予定していた新たなビッグプロジェクトの撮影が延期になったと語った。その対応に追われる中、急遽電話越しのトークとピアノ演奏をセルフ生配信した。

プロジェクトの内容については未だ発表することができない状態が続いているとしながらも、Instagramにきらびやかなクリスタルのドラムセットの写真を投稿し、「このプロジェクトには友人を含めた世界中の音楽関係者が多く絡んでいる」と前向きなサプライズとなることを匂わせた。

関係者によると、この日の撮影は安全を考慮し野外で行われることになっていたものの、現在のロサンゼルスの状況を考慮し、YOSHIKIの判断で延期されたとのこと。

そんななか『YOSHIKI CHANNEL』の配信は続行され、ファンと直接生電話をするという企画をYOSHIKIが発案。電話番号が告げられると、世界中のファンから電話が殺到した。一時は電話回線がパンクするという予期せぬトラブルが発生したものの、YOSHIKIは急遽付け加えられた新たな回線で迅速に対応し、数人のファンとの生電話を実現させた。

奇跡的に電話が繋がったファンは、「去年のディナーショーはとても素晴らしかったです! 1日も早くこの事態が収束して、再び会える日を心待ちにしています」「YOSHIKIさんほどのトップアーティストが、ファン一人一人の心に寄り添って投稿をリツイートされていることに感動しました」など、様々な想いを伝えた。

さらにこの日は、YOSHIKIが電話越しにピアノの生演奏を披露。名曲『Forever Love』から始まり、SUGIZOやTAIJI、そしてファンの誕生日が重なったことから、バースデーソングを演奏した。また、TAIJIの命日が近いことに触れ、「この時期になると色々と考えさせられてしまう。TAIJIのために弾こうかな」と「Without You」を奏でた。

『YOSHIKI CHANNEL』の次回の配信は、7月25日20時半より。この日の配信で、プロジェクトの更なるヒントが明かされるかもしれない。一部では、世界を舞台にしたプロジェクトであるとの情報も囁かれている。

また、今回の電話越しの生配信の反応を受けて、YOSHIKIは生配信中に公式モバイルサイト『YOSHIKI mobile』にて自身の生声を聴くことができるボイスコンテンツの定期配信を決定した。

本コンテンツでは、音楽活動に関することはもちろん、日常で起きた些細な出来事や舞台裏エピソード、そして“YOSHIKI伝説”といわれる逸話などが自身によって自由に語られる。また、会員限定コンテンツならではの“ここだけの話”も飛び出す予定だ。

本コンテンツは7月14日よりスタートし、今後はPodcastのように継続的に配信されていく予定となっている。

この記事をツイート

この記事の関連情報