ポイズンのブレット・マイケルズ、アクション映画のために射撃のトレーニング

ツイート

ポイズンのフロントマン、ブレット・マイケルズが、アクション/サスペンス映画(ストリーミング・シリーズとの記述も)のために、射撃競技の世界で知られるTaran Butlerを師に迎え、射撃のトレーニングを始めたそうだ。月曜日(7月13日)、その動画と写真を公開した。

◆ブレット・マイケルズ画像、動画

マイケルズは俳優のチャーリー・シーンと映画の制作会社Sheen/Michaels Entertainmentを設立し、90年代終わり、サイコスリラー映画『A Letter From Death Row』を共同監督、脚本執筆、主演、プロデュースし、続き、チャーリーとマーティン・シーン親子が共演した『No Code Of Conduct』を監督している。

初のアクション/サスペンスだという新作は、現在『The Music Man』との仮タイトルが付けられており、アメリカ疾病予防管理センターのガイドラインに従い、可能であれば今年秋終わりに制作を始める計画だという。




ポイズンは、この夏予定していたモトリー・クルー&デフ・レパードとのツアー<The Stadium Tour>が新型コロナウイルスの影響を受け2021年に延期。ドラマーのリッキー・ロケットは最近、来夏開催する際には公演数が増えるかもしれないと話している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報