ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン、親の七光りへの見解

ツイート

ギター・レジェンドの1人、エドワード・ヴァン・ヘイレンの息子でヴァン・ヘイレンのベーシストでもあるウルフギャングが、親の七光りに対する自身の見解を明らかにした。

◆ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン画像

彼は月曜日(7月14日)、「ストーリーで、僕が父のレガシー/評判を恩恵それとも呪いと捉えているかについて答えた。それがこれだ。その反響から判断するに、この答えは多くの人の共感を呼んだようだ。だから投稿することにした。みんな、クールでいてくれてありがとう」と、以下のようなメッセージをインスタグラムに投稿した。

「それは素晴らしい質問だね。本当に半々なんだ。僕がこうだから、人々は少なくとも僕の作品がどんなものになるか興味を持つと思う。それってすごくナイスだ。でも一方で、もしそれが彼らが期待しているものとは全く違ったり、僕が“ヴァン・ヘイレンっぽい”サウンドを創ろうとしていなかったら、嫌われ、認めてもらえないだろう。僕は、僕の音楽がリリースされたときヘイトの波が押し寄せる準備は十分できている。なぜなら、みんなが考えているようなものじゃないから。僕は父になろうとはしていない。僕は僕自身であろうとしている」



ウルフギャングは今年初め、Explorer1 Music Groupと契約を結び、Michael "Elvis" Basketteをプロデューサーに迎えソロ・アルバムを制作中だと伝えられた。バラードやロックのオリジナル・ソングを収録予定で、インストゥルメンタルとヴォーカル全てを彼一人で行なっているという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報