dublab.jpのwebサイトがフルリニューアルオープン

ツイート

2020年7月17日(金)にLAを本拠地とするグローバルなインターネットラジオネットワークdublabの日本ブランチ「dublab.jp」のウェブサイト(https://dublab.jp/)がフルリニューアルした。

◆ dublab.jp 関連画像

2013年の開局以来、定期的に配信するラジオプログラム、ホテルラウンジなどのBGMの選曲、ミュージックベニューはもちろん、ユニークベニューでのDJイベント開催、アートプロジェクトプロデュースなど、多岐に渡る活動を展開してきたdublab.jpがその膨大なアーカイブの検索性とリアルタイムストリーミングをシームレスに体験してもらことをコンセプトにこの度、ウェブサイトを再設計した。

トップのロゴはdublab.jpとネットワークを結ぶ、多彩なクリエイターによって定期的に変化していく。リニューアル時のロゴはイラストレータであり、墨画家でもある原知恵子(https://www.chienoix.com/)によるもの。日本古来より能の謡本や連歌において「ここからは歌」という目印として使われていた庵点(いおりてん)「:part_alternation_mark:」と富士山を融合させた、「庵富士」がコンセプト。今後も変化し続けるロゴは、dublab.jpの時代と共に変化し続ける活動姿勢とリンクしていく。


最近では、坂本龍一、細野晴臣、矢野顕子を海外でキャッチしたインタビュー番組(LA在住バルーチャ・ハシム&アキコの“Sun Eye Radio”)、日本の環境音楽をテーマにした番組(サウンド・アーティストYui Onoderaによる“Japanese Ambient Journey”)など、日本の音楽にフォーカスした放送も好評を博している。

これまでにベルリン、バルセロナ、サンパウロとブランチを展開するdublabのグローバルネットワークの中で日本オリジナルのコンテンツを創造しつづけ、変化の目まぐるしい2020年の世界へ向けて、より幅広く、良質な音楽を発信するプロジェクトを展開していく。

◆「dublab.jp」 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報