荻野目洋子、32年ぶりに「みんなのうた」登場の新曲「虫のつぶやき」 が配信リリース

ツイート


荻野目洋子が、自ら作詞作曲を手がけたNHK「みんなのうた」2020年8月〜9月に放送の新曲「虫のつぶやき」を、8月5日より配信リリースすることが決定した。

この曲は、ウクレレの音色にのせて、虫の生態を虫の視点からユーモラスに描いたナンバーだ。なお、荻野目洋子の歌が「みんなのうた」で放送されるのは、1988年2月に放送された「ジャングル・ダンス」(作詞:森 正和/作曲:小室哲哉)以来32年ぶりである。「みんなのうた」での「虫のつぶやき」初回放送は、8月1日の予定だ。

  ◆  ◆  ◆

<荻野目洋子 コメント>
この度、自分の作った曲が「みんなのうた」で流れ、配信リリースされること大変嬉しく思っています。
子供の頃から虫を観察するのが大好きでした。虫から教わったことが沢山あります。
感謝の気持ちを曲にしたら、喜びも倍増になりました。絵本を開くような気持ちで聴いてもらえたらと思います…‼︎

  ◆  ◆  ◆



■配信シングル「虫のつぶやき」

iTunes、レコチョク他主要配信サイト、及びApple Music、Spotify、LINE MUSIC、AWA、dヒッツ他主要音楽ストリーミングサービスにて8月5日より配信

この記事をツイート

この記事の関連情報