Maica_n、ドキュメンタリー映画「弁当の日」ED曲に新曲「メモ書き」提供

ツイート


Maica_nが、新曲「メモ書き」をドキュメンタリー映画「弁当の日」のエンディングテーマに楽曲提供した。

和久井映見がナレーションを担当する同映画は、2001年に香川県の滝宮小学校で始まった「子どもが作る“弁当の日”」を描いている。献立から買い物、調理、片付けまで、やるのは全部子ども自身であり、大切なルールは「大人は決して手伝わないで」。映画の主な舞台は、九州、山口の小中学校や大学などだ。台所に立ち始めた子どもたちの成長と、彼らを取り巻く環境の変化をはじめ、“弁当の日”に影響を受けて「世直し」に奔走する大人たちの姿を追う。製作総指揮・監督を、「はなちゃんのみそ汁」の著者である安武信吾が初挑戦している。2020年秋に全国で試写会をスタートし、一般の自主上映は2021年4月に開始予定だ。詳細は、映画のオフィシャルサイトからチェックしてほしい。



今回公開された予告動画では、Maica_nの新曲「メモ書き」が使用されており、シンプルだがメッセージ性のある楽曲を味わうことができる。


この記事をツイート

この記事の関連情報