トニー・アイオミ、マドンナをブラック・サバスのリハーサルから追い出す

ツイート

1985年に開催された<ライブ・エイド>でブラック・サバスのオリジナル・メンバーが特別に再結成したが、トニー・アイオミはこのときのリハーサルで、部屋に入ってきたマドンナを誰だか知らず追い出したそうだ。

◆トニー・アイオミ画像

非公開のリハーサルだったため、誰であろうとも部外者は追い出された可能性は高いのだが、「きまりが悪かった」という。アイオミは、米SiriusXMのインタビューで<ライブ・エイド>でのリハーサルについてこう振り返った。

「まあ正直言って、ちょっと混沌としてたね。彼らはリハーサルのために、僕らに部屋を用意してくれた。僕ら、リハーサルを始め、それから昔のことについて話し始めた。あのリハーサルのほとんどの時間がお喋りだった。で、リハーサルやってるとき、非公開のセッションだったんだけど、恥ずかしい想いしたんだよ。2人の女の子が部屋の奥に入ってくるのが見えたんだ。だから、僕はクルーの1人に“ほら、誰か入ってきた。出ていくよう言ったほうがいい。これはプライベート・リハーサルだ”って言ったんだ」

その女の子の1人が、「Holiday」「Lucky Star」「Like A Virgin」「Material Girl」と立て続けにヒットを飛ばし、前年、セカンド・アルバム『Like A Virgin』が世界各国で1位を獲得していたマドンナだったという。

「とにかく、クルーは彼女たちのところへ行き、出ていくよう言ったんだ。それがマドンナだったってわけ。だから、ちょっときまりが悪かったね」

アイオミは最近、<ライブ・エイド>でオリジナル・メンバーとプレイしたことに、「素晴らしかった。また彼らと一緒にできたのは素晴らしかった。ちょっと非現実的だったけどね。と言うのも、(あのとき)僕は基本的にスタジオに入ってたから。スタジオから(公演へ)向かうのは僕にとって珍しいことだったんだ。それが突然、全員が揃い、2日後大勢の人たちの前でステージに立つ。そういうの経験したことなかった。僕らはいつも、ちゃんとした公演の前にはしばらくリハーサルを行ってた。でも、これは1時間くらいの素早いリハーサルで、翌日、本番だった。だから、ちょっと緊張したね。機材の具合なんかもわからなかったし、僕ら、長いこと一緒にパフォーマンスしてなかった。やってみるって感じだったよ」と話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報