AKAI PROFESSIONAL、「MPC BEATS」ソフトウェアリリース

ツイート

音楽プロデューサーやパフォーマー向け機器のブランド「Akai Professional」が、DAWソフトウェア「MPC BEATS」を発表した。

伝統のMPCハードやMPC2ソフトウェアの優れた部分を取り入れた「MPC BEATS」は、Akai Professionalウェブサイトから無料でダウンロード提供され、誰もが高品質のMPCワークフロ ーを体験できるようになる。

直感的で刺激的な操作性を持つ「MPC BEATS」は、これからプロフェッショナルな世界に踏み込む意欲的なビートメーカーの登竜門となるだろう。簡単にアクセスできる4x4のドラムサンプルグリッド、ピアノロール、サンプルライブラリ・ブラウザ、サンプルエディットウィンドウをシームレスに切り替えてお気に入りサウンドを選び、ビートを作成、編集して思いのままに仕上げることができる。

MPC BEATSには、MPCエクスパンションパックより厳選された人気のサンプルライブラリなど、2GBに及ぶサウンドコンテンツが収録。パンチの効いたキックやタイトなクラップ、MPCシリーズの3つのプラグイン・インストゥルメント(ベースライン/チューブシンセ/エレクトリック)など、ビートメイカーに必要なすべてがそろっているのが特徴だ。さらにAIR Effectsの80種類以上のエフェクトプラグインを使用すれば、思いのままにミックスダウン、マスタリングも可能だ。


また、USBコントローラーでMPC BEATSをコントロール可能だ。Akai Professional MPK miniなどのキーボード、4x4もしくは8x8パッドのコントローラーや、スタンドアローン・MPCハードと互換性があり、接続してすぐに思いのままのビートメイキングができる。また、Alesis V-Mini、M-Audio Keystationなど、その他多くのプリマッピングされたコントローラーであればプラグ・アンド・プレイで使用可能となっているのもうれしい点。

さらにMPC BEATSには2つのステレオ・オーディオトラックがあり、ボーカル、楽器、サウンドエフェクトなどをレコーディングすることができる。また、MPC BEATSには業界標準のプラグイン規格との互換性があるので、AU/VSTプラグインのホストとし機能し、さらに他のDAWではプラグインとして使用することも可能となっている。

なお、MPC BEATSは、2020年7月22午前0時、akaipro.comにてダウンロード可能だ。


MPC BEATSの主な特徴

■MPCワークフローを受け継ぐフリーダウンロード・ソフトウェア
■オーディオトラックx2 MIDI/インストゥルメントトラックx8 使用可能
■バーチャル16ドラムパッド、サンプル・エディット機能搭載
■AU/VSTプラグイン対応
■すぐに制作開始ができるサウンドコンテンツ、エフェクト、内蔵バーチャルインストルメント
■MPCを含む、あらゆるコントローラーにマッピング可能
■統合インストーラー
■特別価格MPC BEATSバージョン・エクスパンションパック (米ドル:$9.99よりご購入可能)

◆MPC BEATSオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報