Naive Super、「月」をテーマにした連続リリース第三弾楽曲をリリース

ツイート

Naive Superが「月」をテーマにした連続リリース第三弾「Again, Under The Cherry Moon」を、本日7月22日にリリースした。

◆ジャケット画像

野宮 真貴をヴォーカルに迎えた「Memories Of Moonage Nightlife feat.Maki Nomiya」、シンセサイザーを多様したアップテンポな80'S テイストが話題となった「To The Moon or Mars」に続く第三弾「Again, Under The Cherry Moon」は、モダン・ヴィンテージな香り漂う、幻想的な女性ヴォーカルが印象的なドリームポップだ。

モーグシンセサイザーやメロトロンのフルート音、逆回転再生などクラシックなポップミュージックの機材や手法を取り入れながら、左右に配置されたEri(Wallflower)のヴォーカルや、アウトロの多重録音によるSunao(Luby Sparks)のギターアレンジなど、ソフィア・コッポラの映画サウンドトラックや現行のシンセポップ/ドリ ームポップ・バンドにも通じる楽曲。

ドラム音はTR808を使用し、R&Bにも通じる音作りをしている。マスタリング は、Abbey Road Studios(UK)の Alex Wharton が担当した。

■「Again, Under The Cherry Moon」配信情報
https://ssm.lnk.to/AgainUnderTheCherryMoon


◆Naive Super オフィシャルTwitter
この記事をツイート

この記事の関連情報