クイーンのベスト盤、Billboardカタログ・チャートで首位獲得週数歴代2位に

ツイート

クイーンが1981年にリリースしたベスト盤『Greatest Hits』が今週、『Billboard』誌のカタログ・アルバム・チャートで55週目の1位に輝いた。それまで54週でタイだったクリードの『My Own Prison』を破り、同チャート史上2番目に最長となった。

Billboardカタログ・アルバム・チャートは、リリースから少なくとも1年半経過している作品、もしくは2年目を迎えるクリスマス・アルバムなどが対象で毎週発表されている。29年の歴史で最も長く1位に輝いてきたのは、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのベスト盤『Legend』(1984年)でこれまでに計126週間1位を獲得しているという。クイーンの『Greatest Hits』はそれに次ぎ、ロック・アルバムでは最長となった。

Billboardカタログ・アルバム・チャートでの歴代トップ10は以下のとおり。

1. ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ『Legend』 126週
2. クイーン『Greatest Hits』 55週
3. クリード『My Own Prison』 54週
4. 映画『グリース』サウンドトラック 52週
5. メタリカ『Metallica』 43週
6. アデル『19』 41週
7. エリック・クラプトン『Time Pieces/ The Best Of Eric Clapton』 37週
8. マイケル・ブーブレ『Christmas』 34週
9. マイケル・ジャクソン『Number Ones』 31週
10.ビースティ・ボーイズ『Licensed To Ill』 27週
10.ケニー・G『Miracles: The Holiday Album』 27週



英国にはこのようなカタログ・アルバム・チャートはないが、クイーンの『Greatest Hits』はABBAやザ・ビートルズの作品を上回り、数年前(映画『ボヘミアン・ラプソディ』公開前)から同国で“史上最も売れたアルバム”の地位を築いている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報