森山直太朗、ブルーノート東京で無観客配信ライブ<すぐそこにNEW DAYS>開催

ツイート

森山直太朗が7月22日(水)、自身初の無観客配信ライブ<森山直太朗「すぐそこにNEW DAYS in Blue Note Tokyo」配信ライブ>を開催した。同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

◆森山直太朗 画像

   ◆   ◆   ◆

古ぼけたギターケースを手に、ふらりと現れた森山直太朗。扉を開いた先は、ライブレストランへと続く階段。受付で軽やかにステップを踏んで、コンシェルジュにアカペラで挨拶を。さらに階段を下りるとラグジュアリーな社交場に到着。ラウンジの椅子に腰かけてアコースティックな曲を披露した森山は、ステージに足を踏み入れた──。

2020年7月22日、東京・南青山にある「ブルーノート東京」で、森山が初の無観客配信ライブを開催した。

この配信ライブは、2020年5月に予定していた<森山直太朗 Blue Note & Billboard Live Tour『すぐそこにnew days』>が新型コロナウイルスの影響で、新曲「すぐそこにNEW DAYS」のリリースと共に延期となったために実施された。無観客の利点を生かして、入り口から受付、バーまで、劇場のすべてを舞台に自由に動き回る森山は、まるで土地を巡り、そこで暮らす人たちとひとときグルーブして去って行くジプシーのよう。腰をくねらせるカメラマンとのセッションを楽しみながら、画面越しに観る観客も舞台に引き上げ、ブルーグラスな楽曲「すぐそこにNEW DAYS」の世界観を、老舗クラブハウスで見事に表現した。




セットリストは、コロナ禍の中で生まれた「最悪な春」や「すぐそこにNEW DAYS」など、この季節に森山が感じたリアリティな構成。森山の楽曲の共作者で詩人の御徒町凧によるポエトリーリーディングがあったり、「最悪な春」のミュージックビデオを制作した番場監督による映像作品を流したりと、音楽と演劇を融合させる森山独特の劇場公演の片鱗を見せた。一方で、終始一貫していたのは、活動の原点であるストリートパフォーマンスだ。フィドルの山田拓斗、マンドリンの齊藤ジョニー、ギター&バンジョーの西海孝ら音楽家たちと響かせ合う生音による演奏は、フォーキーでノスタルジックなサウンド。ドリーミーなメロディラインが観客との距離やジャンルの境界を飛び超えて、“底抜けに明るくて、明け透けに儚い”森山ワールドを届けた。

夢のように過ぎ去った1時間半のショータイム。アーカイブ配信は7月30日0:00まで。さらにこの余韻は、ミライへと続く。「みんなと落ち合う先はライブ空間」と約束する森山の不可思議なドリームランドに参加したい人は、年明けにブルーノートで会おう。

写真◎濱津和貴
文◎殿井悠子

   ◆   ◆   ◆

<NAOTARO MORIYAMA "すぐそこにNEW DAYS" 森山直太朗「すぐそこにNEW DAYS in Blue Note Tokyo」配信ライブ>

2020年7月22日(水)21:00〜
無観客ライヴ有料配信 / 1ショウのみ
※アーカイブ配信視聴期間:7月30日(木)0:00まで
※アーカイブ配信の内容はライヴ配信と異なる場合がございます。予めご了承ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/naotaro-moriyama/

【MEMBER】
森山直太朗(Vo,G)
齊藤ジョニー(mandolin)
西海孝(G,banjo)
山田拓斗(fiddle)

【セットリスト】
1. しまった生まれてきちまった
2. レスター
3. 愛し君へ
4. 糧
5. 風曜日
6. することないから
7. すぐそこにNEW DAYS
8. 君は五番目の季節
9. 最悪な春
10. 生きてることが辛いなら
En. フューズ

「すぐそこにNEW DAYS」デジタル配信

2020年7月17日(金)0:00〜配信開始
https://lnk.to/newdays

この記事をツイート

この記事の関連情報