ukka、初のストリーミングライブで次なるライブ開催も発表

ツイート


ukka(ウッカ)が、7月23日(木・祝)に初のストリーミングライヴ<ukka 1st streaming live 2020>を開催した。

3月14日から開催される予定だった初の全国ツアーが、新型コロナウイルスの影響により中止が続く状況を受け行われた本公演は、ニューシングル全曲披露を含む181日ぶりの単独公演である。

オープニングは、この日初披露のukkaのOverture(出囃子)で登場。夏を告げるシティーポップチューン「灼熱とアイスクリーム」でライブをスタートさせると、「Magik Melody」「わたしロマンス」と立て続けにダンスナンバーを披露した。また新曲「ウノ-ウノ」では、カードゲームをしているようなコミカルで可愛らしい女子の世界を画面いっぱいに繰り広げる。





約半年ぶりとなる単独公演にメンバー、視聴コメントのテンションもさらに高まりを見せると、続けて「まわるまわるまわる」「タリルリラ」「エビ・バディ・ワナ・ビー」などアッパーチューンを披露。川瀬あやめは客席にマイクを向けてコーラスを求めるなど、通常のライブと変わらず画面越しのファンへ熱量を届けていく。













ラストブロックは、ukkaのメロウな「おねがいよ」を感情たっぷりに歌い上げると、水春が初めて振り付けを手掛けた「時間。光り輝く螺旋の玉。」を初披露した。本編最後は、ヤマモトショウと、MICO(SHE IS SUMMER)がタッグを組んで楽曲を制作し、宮野弦士がアレンジを手がけたukkaのはじまりとなるシングル曲「恋、いちばんめ」で締めくくった。





アンコールのMCでは村星りじゅが、「本当に久しぶりのワンマンライブということで、すごく緊張と不安がありました。でも、いざライブが始まったら歌って踊れることがすごく楽しくて、こうやってまたライブができることが嬉しく思います!」と涙を流しながら溢れ出る感情を言葉にした。

この日へ込めてきたそれぞれの思いをカメラの先に伝えると、桜井美里の「最後まで楽しんでいきましょう!」という掛け声と共に、グループの活動の歴史を歌った楽曲「さいしょのさいしょ」、そして代表曲「リンドバーグ」でライブを締めくくった。約100分にわたって行われた配信ライブは、アンコール含めて全20曲が披露された。



またこの日ukkaは、9月6日(日)に東京Zepp Tokyoにて次なるライブを開催すると発表、今後の状勢と安全面を慎重に判断しながらの内容決定となるが、未来に向けて活動を挑み続けるukkaに引き続きご注目を。

尚、本日のライヴは8月24日(月)11:59までGYAO!にてアーカイヴ視聴が可能だ。

撮影:Yosuke Torii

■SetList<ukka 1st streaming live 2020>

M1.Overture
M2.灼熱とアイスクリーム
M3.Magik Melody
M4.わたしロマンス
M5.ウノ-ウノ ※初披露 from New Single「恋、いちばんめ」
M6.まわるまわるまわる
M7.タリルリラ
M8.エビバディワナビー
M9.poppin’ love ※初披露 from New Single「恋、いちばんめ」
M10.214
M11.グラジェネ
M12.ねえ、ローファー
M13.おねがいよ
M15.キラキラ
M16. 時間。光り輝く螺旋の球。 ※初披露 from New Single「恋、いちばんめ」
M17.恋、いちばんめ ※from New Single「恋、いちばんめ」
EN1.それは月曜日の9時のように
EN2.さいしょのさいしょ
EN3.リンドバーグ

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報