スコーピオンズ、ドイツのスタジオでメンバー全員が集結

ツイート

スコーピオンズが、ニュー・アルバムを制作するため、メンバー5人が久々にスタジオで集合したことを報告した。

◆スコーピオンズ動画

ヴォーカリストのクラウス・マイネは今月初め、5月初めからひと月、ルドルフ・シェンカー、マティアス・ヤプスと3人のみでドイツ・ハノーファーにあるスタジオに入り、米ロサンゼルスにいるプロデューサーのグレッグ・フィデルマンとZoomを通じ作業を行ったと明かしていた。

バンドは週末(7月25日)、「やっと……ギャングが揃いスタジオに戻った!!!」と、スタジオで撮影したビデオ・メッセージをインスタグラムに投稿した。マイネはそこで、「やあ、みんな。スコーピオンズだ。まさかと思うだろうが、俺ら数ヶ月ぶりに、ここハノーファーに集結した。スタジオPeppermint Parkで集まっているんだ。全員で1つの部屋に戻り、このニュー・アルバムの制作を進めることにすごく興奮してる。ようやくバンドの力を合わせることができる。素晴らしい気分だ。スコーピオンズは順調だって伝えたい。アルバムの制作、そして来年みんなに会えるのを楽しみにしている。自分を大切に、健康で安全でいて欲しい。俺ら、君たちを愛している」と話した。



ドラマーのミッキー・ディーは先月初め、春に新型コロナウイルスに感染したが、4月半ばには全快したと明かしていた。

スコーピオンズは現時点、2021年5月にライブ活動を再開する予定。2015年発表の『Return To Forever』以来となるスタジオ・アルバムは、5月にマイネが話したところによると、2021年初めのリリースを計画しているという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報