日本初のDJに関する検定「DJ検定」3級開始&オンラインによる実技試験を追加

ツイート

一般社団法人 日本DJ協会は、当協会が掲げるミッション実現のため設立したDJ検定の3級を7月31日より開始する。DJ検定3級からは筆記試験に加えオンラインによる実技試験を行う。

◆「DJ検定」 関連画像

DJ検定は一般社団法人日本DJ協会が監修、(日本DJ検定協会 株式会社が運営)する日本初のDJに関する検定だ。老若男女問わず日本のDJ人口を増やすと同時に、DJの社会的認知度の向上を目指すもの。

DJ機材の操作や知識について基礎的な技能を必要とする「DJ検定3級」は、DJ機材の応用知識やテクニカルな機能の理解、音楽/DJ用語のテクニカルな知識やDJミックスに関する問題を出題する。


DJ検定3級 詳細

・受験料:3,000円(税込) [筆記試験+実技試験1回分]
・筆記試験は何度でも受験可能
・全40問
・DJ検定4級ライセンスID取得者のみ受験可能
・筆記試験合格者のみ実技試験を受験可能



DJ検定3級の受験は、DJ検定4級のライセンスID取得者のみ受験が可能となっている。まだDJ検定を受験をしていない方は是非この機会に5級、4級共にチャレンジしてみてほしい。詳しくは、DJ検定公式LINEよりお問い合わせを。

▲合格証書(サンプルイメージ)電子版:1,000円 / 電子版+本書:3,000円(※ライセンス発行料込となります。)


当協会では、DJ検定4級より対策テキストをウェブサイト限定で販売している。DJ検定3級受験希望の方は、7月31日より公開するDJ検定ホームページ内の購入ページより確認を。

◆DJ検定オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報