ARTURIAからライヴパフォーマンスにうれしい機能を搭載したシーケンサー内蔵キーボード「KeyStep Pro」

ツイート

ARTURIAから4系統のポリフォニック・シーケンサーを内蔵したコンパクトなキーボードコントローラーが登場。「KeyStep Pro」がリリースされた。


▲アフタータッチ付き37鍵スリム・キーボードは各キーの上にLEDを装備。シーケンサー専用ボタンやLED付きリング付きエンコーダー、静電式タッチ・ストリップなどの多彩なコントローラーを搭載。

「KeyStep Pro」は、3オクターブ、ベロシティ+アフタータッチ対応37鍵スリム・キーボードに、ライヴパフォーマンスをカンタンに、しかも楽しくプレイできる機能を多数搭載。マルチモード・アルペジエイター、ランダム機能、コード・モード、リアルタイム・レコーディングといったリアルタイム系の各種機能に加え、視認性の高いOLEDディスプレイやLEDイルミネーション装備のコントロール類で、暗いステージ上でも思いどおりにコントロールできる。

シーケンサーは4系統の独立してポリフォニック・シーケンサー・トラックを搭載。シンセやモジュラー、ドラムマシンなどを思いのままにコントロールできる。各トラックで16種類のパターンを使用可能、各シーケンス・パターンは最長64ステップまで使用でき、各ステップには16ノートまで入力できる。また、最大16個のパターンをつなげて1曲全体や楽曲のセクション構築も可能。すべてのシーケンスのパターン内でスナップショット機能が使え、シーケンスのセットを瞬時に切り替えることも可能だ。これらデータのロードやコピー、音作り、エディット、セーブなどすべての操作は本体のみで行なえ、データは本体メモリーに保存できる。


アナログ、モジュラーを含むハードウェア・シンセやソフトウェア・インストゥルメントの数々を集中コントロールする機能も搭載。4系統のCV/Gate+Modアウト、8系統のドラム専用ゲート・アウト、クロック、MIDIイン、2系統のMIDIアウト、独立メトロノーム・アウト、サスティン・ペダル・インを装備。DAW/ソフトウェアシンセのコントロールにUSB端子を備える。


▲リアパネルには、CV/Gate/Mod Out×4、ドラム・ゲート・アウト×4、クロックイン/アウト、MIDIイン×1、MIDIアウト×2、メトロノーム・アウト、サスティン、USBを配置。

キーボードはオクターブを切り替えていろいろな音域でコード演奏が可能、LEDでシーケンスパターンを瞬時に確認できる。このほか、ノート情報のエディットをリアルタイムに行えるLEDリング付きエンコーダー、素早いエディットが可能なステップ・エディット・ボタン、スピーカー内蔵のメトロノーム、ルーパーなどのコントロールが可能な静電式タッチ・ストリップ、いつでもコントロールできるテンポ/スウィング/プロジェクト・エディット・コントローラーなどの専用ボタンも搭載する。

製品情報

◆KeyStep Pro
価格:57,000円(税別)

関連画像&映像

◆ARTURIA 画像
この記事をツイート

この記事の関連情報