ミッキー・ディー、スコーピオンズのリハーサルから機材を紹介

ツイート

ニュー・アルバム制作のためスタジオに入ったスコーピオンズのミッキー・ディー(Ds)が、今週、彼のドラム・セットが設置されたリハーサル現場の様子を紹介するショート・ビデオを公開した。

◆公開された動画

スコーピオンズは2週間前、メンバー5人が揃い、ドイツ・ハノーファーにあるスタジオPeppermint Parkに入ったことを報告していた。

ディーは火曜日(8月4日)にスタジオで撮影した動画をインスタグラムに投稿し、「やあ、みんな。スタジオからちょっとした最新情報だ。今日は火曜日で、俺ら、今日の分は終えた。すごく熱心に取り組んだよ」「本当にいい感じだ。一日一歩ではあるが、素晴らしい状態だ」と話し、彼のドラム・キットを簡単に紹介。

2日後には、ドラムについてより詳しいことが知りたいとリクエストがあったと、彼がいま使用しているキットについて細かく説明した。

この2本のビデオにはディーしか登場しないが、彼は10日前に他のメンバーが姿を見せる動画も公開している。







スコーピオンズは当初、米ロサンゼルスでニュー・アルバムを制作するはずだったが、新型コロナウイルスの影響を受け、予定を変更。5月初めからひと月、クラウス・マイネ(Vo)、ルドルフ・シェンカー(G)、マティアス・ヤプス(G)の3人がドイツでスタジオに入り、ロサンゼルスにいるプロデューサーのグレッグ・フィデルマンとZoomを通じ作業を行い、先月終わり、ようやく5人で揃うことができた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報