ラッシュのゲディー・リー、プロ野球の無観客試合で顔写真応援パネルに

ツイート

新型コロナウイルスの影響を受け、メジャーリーグベースボールは無観客で試合を開催しているが、火曜日(8月11日)ニューヨーク州バッファロー(セーレン・フィールド)で行なわれたトロント・ブルージェイズ対マイアミ・マーリンズの試合で、客席にラッシュのゲディー・リーの顔写真応援ボードが置かれた。

◆応援ボード 画像

ブルージェイズの熱心なサポーターであるリーのパネルには、バックネット裏最前列という特等席が与えられ、打者がバッターボックスに立つ度にその姿が映し出された。隣には同チームの有名なサポーターの1人“Home Plate Lady”のパネルが着席していた。

リーはトロント・ブルージェイズのシーズン・チケット保有者だと言われている。『Loudwire』によると、パネルはリー本人が望んだのか、それともチームやファンからのアイディアだったのかは不明だという。







サンフランシスコ・ジャイアンツは6月、シーズン・チケット保有者に本拠地での無観客試合でパネル設置権をプレゼントすると伝えられていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報