神はサイコロを振らない、「夜永唄」MVをプレミア公開。渡邊圭祐が擬人化した“楽曲”を演じる

ツイート

神はサイコロを振らないの「夜永唄」のミュージックビデオが、本日8月14日(金)20時よりYouTubeでプレミア公開される。

◆神はサイコロを振らない、渡邊圭祐 画像

このミュージックビデオは、メンバーが公開中のリリックビデオに寄せられた4,000件超のコメントやエピソードに目を通し、そこから伝わってきた感情を内包した映像作品を新たに届けたいとの思いで制作を決めたものだという。高木聡が監督を務め、楽曲のテーマを擬人化した登場人物を俳優の渡邊圭祐が演じた。

渡邊圭祐と神はサイコロを振らないの柳田周作(Vo)は、ミュージックビデオについて次のようにコメントしている。


   ◆   ◆   ◆

■渡邊圭祐 コメント

毎夜聴いていた曲のMVに出れるというお話を頂いた時に非常に嬉しい思いの反面、夜永唄という曲の持つ詩的な世界観を壊さず存在できるだろうかと不安な気持ちを抱いたのを覚えています。
メジャーデビューを発表した無観客でのライブも拝見させていただき、より一層曲を聴き込んだ上で撮影に参加させていただきました。
無なだけではない、その内にある男の感情を出せるよう試行錯誤いたしました。
今の情勢で抱く感情に少し重なる部分もあるように感じ、今だからこそもう一度聴いていただきたい見ていただきたいそんな映像作品になっています。

少しでもたくさんの方に届き、その心に潤いが増すことを願っています。

   ◆   ◆   ◆

■神はサイコロを振らない 柳田周作(Vo)コメント

リリックビデオのコメント欄に寄せられた多くの想いを元に、単なる”人物役”ではなくこの楽曲自体の”擬人化”を渡邊さんに表現して頂きました。彼の瞳の奥から、孤独が渦を巻いて二度と抜け出す事のできない”呪縛”のようなものを感じてなりません。心のクレーターを他人で埋めようとしても満たされず、ただひたすらに覆い被さってくる虚しさ。一歩間違えればおどろおどろしい表現になりかねないものを見事に美しく表現しきってくれた映像作品、是非ご覧ください。

   ◆   ◆   ◆

なお、8月16日(日)には、柳田が『THE HOME TAKE』で披露した歌とピアノだけのスペシャルアレンジによる「夜永唄」の音源が「夜永唄 – From THE FIRST TAKE」として配信リリースされることも決定している。

「神はサイコロを振らない - 「夜永唄」 [Official Video]」

2020年8月14日(金)20:00よりYouTubeプレミア公開
https://youtu.be/6FZB6LcNAP8

この記事をツイート

この記事の関連情報