エルヴィス・コステロ、2年ぶりのニュー・アルバム『ヘイ・クロックフェイス』を10月リリース&先行SGアニメーション風MV公開

ツイート
(C)ray di pietro

エルヴィス・コステロがニュー・アルバム『ヘイ・クロックフェイス』を10月30日にリリースすることを発表、アルバムに収録されるシングル第3弾「ウィ・アー・オール・カワーズ・ナウ」が先行リリースされ、コステロ自身が描いた絵や詞が使われたMVも公開となった。

◆エルヴィス・コステロ』 関連動画&画像


新作『ヘイ・クロックフェイス』は、ヘルシンキ、パリ、ニューヨークの3都市でレコーディングされ、ミックスはロサンゼルスのセバスチャン・クリスが担当している。

2020年2月にヘルシンキのスオメンリンナン・スタジオで、すでに先行リリースされている「ノー・フラッグ」「ヘティ・オハラ・コンフィデンシャル」、そして本日リリースの「ウィ・アー・オール・カワーズ・ナウ」をレコーディング・エンジニアのイエトゥ・セッパラの下でソロ・レコーディングを行った後、コステロはすぐにパリに渡り、レ・ステュディオ・サンジェルマンで週末セッションを行った。

コステロは、「ボーカル・ブースから指示を得ながらスタジオのフロアで歌を歌った」と語っている。「2日間で9曲を仕上げた。僕たちはほとんど話すことはなかった。ミュージシャンが演奏した曲のほとんどは、僕が歌っている曲に自然に反応したものだった。いつかパリでこんな風にレコーディングしたいと夢見ていたんだ」。

コステロがル・クインテット・サン・ジェルマンと名付けたアンサンブルが参加しており、コステロの長年の盟友スティーヴ・ニ―ヴ(グランド・ピアノ、アップライト・ピアノ、オルガン、メロトロン、メロディカを演奏)が中心となり、この週末のためにミュージシャンを募集、ミカエル・ガシェ(tp, flh, serpent)、ピエール=フランソワ“ティティ”デュフール(cello)、アジュ(ds, perc, high harmony)、リード奏者のルノー=ガブリエル・ピオン(b-cl, Bb-cl, ts, b-fl, English-horn)の4人が加わり、演奏に様々な音色と色をもたらした。

このパリのセッションはフランソワ・ドラブリエールによって録音された。ニューヨークのセッションは、コンポーザー/アレンジャー/トランペッターのマイケル・レオンハートがプロデュースを務め、ギタリストのビル・フリゼールとネルス・クラインもコラボレート、コステロが“エレクトリカル・ワイヤーを通じて”リリックとヴォーカルをその音楽に入れて完成させた。

「レコードのジャケットに“Helsinki-Paris-??????”と書きたかったんだ。香水か広告代理店のようにね。“ロンドン”が第三の都市の可能性もあったけど、ロンドンは僕にとって永遠の街、また行くこともあるだろう。マイケルが絶妙なタイミングでニューヨークからこの音楽を送ってきてくれた。それは、ヘルシンキとパリのセッションの両方の要素と結びついていたので、これが加わり絵を完成させてくれたんだ」。

本作のエモーショナル、かつダイナミックな幅の広さに関して、コステロは 「このレコードをヴィヴィッドで生き生きとしたものにしたかったんだ、ラウドでギザギザしたプレイの曲もあれば、とても親密で美しい曲もある」。と語っている。

本作『ヘイ・クロックフェイス』は、エルヴィス・コステロ&ジ・インポスターズのグラミー賞受賞アルバム『ルック・ナウ』に続く、2年ぶりの“エルヴィス・コステロ&セバスチャン・クリス・プロダクション”となる。

また、公開となったイーモン・シンガー&アーロ・マクファーロウによる「ウィ・アー・オール・カワーズ・ナウ」のMVは、花とピストル、煙と鏡、墓碑とモニュメント、勇気と臆病、平和、愛と誤解のイメージなどをフィーチャーしている。

なおYouTubeとSpotifyでは、“Songs That Influenced Elvis Costello”というコステロが影響を受けた楽曲のプレイリストが公開された。約300曲で構成されたプレイリストのラインナップはコステロならではの選曲。新作の全貌を聴く前に夏休みのお供にぜひ堪能してみては。


『ヘイ・クロックフェイス』

2020年10月30日(金)リリース
UCCO-1224 SHM-CD
試聴・予約:https://jazz.lnk.to/ElvisCostello_HeyClockfacePR

■収録曲
01. レヴォリューション #49/Revolution #49
02. ノー・フラッグ / No Flag
03. ゼイア・ノット・ラフィン・アット・ミー・ナウ / They’re Not Laughing At Me Now
04. ニューズペーパー・ペイン / Newspaper Pane
05. アイ・ドゥ(ズーラズ・ソング) / I Do (Zula’s Song)
06. ウィ・アー・オール・カワーズ・・ナウ / We Are All Cowards Now
07. ヘイ・クロックフェイス / ハウ・キャン・ユー・フェイス・ミー? / Hey Clockface / How Can You Face Me?
08. ザ・ワールウィンド / The Whirlwind
09. ヘティ・オハラ・コンフィデンシャル / Hetty O’Hara Confidential
10. ザ・ラスト・コンフェッション・オブ・ヴィヴィアン・ウィップ / The Last Confession of Vivian Whip
11. ホワット・イズ・イット・ザット・アイ・ニード・ザット・アイ・ドント・オールレディ・ハヴ? / What Is It That I Need That I Don’t Already Have?
12. レディオ・イズ・エヴリシング / Radio Is Everything
13. アイ・キャント・セイ・ハー・ネーム / I Can’t Say Her Name
14. バイライン / Byline
※日本盤ボーナス・トラック収録予定

◆エルヴィス・コステロ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報