Mr.Children、三浦春馬出演ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』主題歌に

ツイート

Mr.Childrenが、TBSにて9月15日(火)よりスタートする火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』の主題歌を担当することが明らかになった。

本作ドラマは中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九鬼玲子(演:松岡茉優)と、その玲子が勤めるおもちゃメーカーの御曹司・猿渡慶太(演:三浦春馬)という2人が、おカネ修行を通してひと夏の恋物語を繰り広げる“じれキュン”ラブコメディ。金曜ドラマ『凪のお暇』を手掛けた大島里美の完全オリジナル脚本作品となっている。

ドラマ主題歌はMr.Childrenの新曲「turn over?」に決定した。Mr.ChildrenがTBSの連続ドラマの主題歌を担当するのは、2004年の日曜劇場『オレンジデイズ』以来16年ぶり。今回、企画段階で制作が真っ先にMr.Childrenにオファーし、ドラマの世界観や楽曲の方向性を伝え、『カネ恋』の世界観を表現した楽曲が提供されることになった。

「turn over?」は主人公たちの背中を押してくれる、そして玲子と慶太の恋模様を盛り上げてくれる爽やかなラブソングとなっている。ドラマの印象的なシーンで奏でられる主題歌もあわせて注目してほしい。

火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』の初回放送は9月15日(火)22時から。


■東仲恵吾(プロデューサー)コメント

『カネ恋』の世界を一緒に作り上げてくれる素敵な仲間たちが発表されました。
ドラマの中で、こんなセリフがあります。
「完璧な人よりも少しぐらいほころびあったほうが人間らしくて素敵です」
『カネ恋』の登場人物は皆、“ほころび”だらけの人たちです。でも、ほころこびがあるからこそ出てくる魅力を、そして人間らしくてチャーミングな部分を見事に表現してくれています。十人十色の“ほころび”を見て、“こういう人いるな”とか、“自分はこの人みたいだ”とか、くすくす笑ったり、共感してもらいながら、ご覧いただけると思います。
そして、おもちゃ会社という設定の中で、バンダイさん、そしてLOVOTの本物のクリエイターの方が、“本物”の世界を提供してくれました。物語でかなり重要な意味を持つ“癒される”おもちゃたちにもぜひご注目ください。
さらに、主題歌は、Mr.Childrenが楽曲を提供してくれました。玲子と慶太の恋愛、そして二人がちょっとずつ成長していく様に寄り添い、後押しをしてくれる曲はMr.Childrenしかいないと思い、まだ何もない段階で先走ってオファーし、快諾してもらいました。最初に曲を聞いた時、その尊さに心が震えました。爽やかで前向きな曲なのに、涙が出てくる。人と人との出会いの愛おしさ、人を想う気持ちを桜井さんが切なくも力強く歌い上げている、まさに“究極の愛の歌”でした。
この最高の仲間たちと共に、『カネ恋』の面白くもかわいらしい世界を、最後まで全員で懸命に作り上げていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

■火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』

2020年9月15日(火)スタート
毎週火曜22:00~22:57
(初回15分拡大 22:00~23:12)

■スタッフ
製作著作:TBS
脚本::大島里美(『あなたには帰る家がある』『凪のお暇』)
プロデュース:東仲恵吾(『重版出来!』『グッドワイフ』『グランメゾン東京』)
演出:平野俊一(『カンナさーん!』『あなたには帰る家がある』『インハンド』)
木村ひさし(『A LIFE〜愛しき人〜』『99.9-刑事専門弁護士-』シリーズ)

主題歌:Mr.Children「turn over?」(トイズファクトリー)

■出演
九鬼玲子:松岡茉優
猿渡慶太:三浦春馬
早乙女 健:三浦翔平
板垣 純:北村匠海

聖徳まりあ:星蘭ひとみ(宝塚歌劇団)
牛島瑠璃:大友花恋
猪ノ口 保:稲田直樹(アインシュタイン)
鮎川美月:中村里帆
鮫島ひかり:八木優希
鶴屋春人:河井ゆずる(アインシュタイン)

猿渡菜々子:キムラ緑子

鴨志田芽衣子:ファーストサマーウイカ
白兎吉明:池田成志

九鬼サチ:南 果歩
猿渡富彦:草刈正雄

この記事をツイート

この記事の関連情報