ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン「僕を侮辱するならもっと独創的な言葉で」

ツイート

ウルフギャング・ヴァン・ヘイレンが、SNSで彼を中傷する人たちへもっと独創的な言葉はないのかと問いかけた。

◆ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン画像

彼が月曜日(8月17日)、「リビング・ルームを掃除した」とつぶやくと、1ユーザーが「誰がそんなこと気にするか。お前の(your)ただの縁故主義の変人」と反応。ウルフギャングはそれに「お前は(You’re)** 頼むからちゃんとした文法で僕を侮辱してくれ。お母さんがとてもガッカリするよ」と返答し、「この話題が上がってる間ついでに…。誰か、縁故主義/誰かさんの陰で生きる/デブにまつわるジョーク以外の侮辱、思いつけないかな? もうだいぶ前に飽きた。僕をヘイトする人たちはあんまりクリエイティブじゃないなって気がし始めてる」と続けた。



ウルフギャングは先月、親の七光りに対する自身の見解を述べ、話題となった。「僕は父になろうとはしていない。僕は僕自身であろうとしている」という彼は、間もなくソロ・デビュー・アルバムをリリースするが、それがヴァン・ヘイレンとは全く違うことで「ヘイトの波が押し寄せる準備はできている」そうだ。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報