【ライブレポート】澤野弘之、初の無観客配信ライブで提示した可能性「コメントからエネルギーをもらってライブができるのは新鮮」

ツイート

澤野弘之が、2020年8月6日(木)と8月7日(金)に無観客配信ライブ<澤野弘之 LIVE “BEST OF VOCAL WORKS [nZk]”>を開催した。

◆ライブ画像(全10枚)

本公演は、当初6月に豊洲PITにて2デイズで開催予定であったが、コロナ禍により中止に。今回、無観客特別編成として、日本国内のみならず、ビリビリ動画を通じて中国にも配信された。澤野の15年に及ぶ音楽家活動で発表してきた多彩なボーカル曲のベストナンバーを2日間に渡って、豪華なゲストボーカルと長年澤野作品に携わっているミュージシャンたちとともにパフォーマンスした本公演。今回、初日の8月6日は配信映像を視聴しての視点、2日目の8月7日はライブ会場で実際にステージを観覧しての視点によるレポートをお届けする。本記事では、8月6日のサウンドトラック楽曲を中心にした“Side 澤野弘之”の模様をお伝えしたい。

配信開始時刻を迎えると、画面にはカウントダウンとともに、“HIROYUKI SAWANO LIVE BEST OF VOCAL WORKS [nZk]”という文字が現れ、続いてLIVE [nZk]のロゴが徐々に浮かび上がっていく。ロゴが完全に現れると、同じロゴを描いたステージの床を真上から撮影している画面へとシームレスに切り替わり、劇場アニメ『プロメア』のメインテーマ「Inferno」で配信ライブの火蓋が切られる。Benjamin(Vo)とmpi(Vo)の2人が熱い歌声を放つと、ライブパフォーマンス映像に炎の映像が合成されていく。澤野も時折笑顔を見せながら、躍動感のあるピアノを奏でた。冒頭から炸裂したエネルギッシュなシーンに視聴者も熱気のあるコメントで応え、配信ライブ空間のテンションは一気に高まっていった。

▲Benjamin

▲mpi

椿本匡賜(G)のクランチトーンによる単音リフとカッティング、シングルノートフレーズが印象的な「Gallant Ones」を力強く歌い上げると、mpiとBenjaminは視聴者に向けて挨拶。澤野も“本来6月に開催予定だったんですが、こんな状況の中で何かできないかということで、初めての無観客ライブを開催することになって、本当に嬉しく思っています。2日間に渡っていろんなプログラムをお届けする予定で、みなさんと一緒に楽しみたいです。モニターで(視聴者からの)コメントを見ながら、みんなと一緒にいるような空間を作れればと思います”と呼びかけた。

今回の配信ライブでは、ステージ上に設置されたモニターにファンからのコメントが映し出され、それを確認しながらメンバーたちはパフォーマンスを行なっていた。配信ライブは通常のライブと比べると、アーティストとファンの空間や感情の共有が難しいものになってしまうが、この配信では、コメントを通じて双方がコミュニケーションを図れるようにしていた。

タムを中心にした勇壮なビートからダンサブルなビートへとシフトする「Warcry」(Vo:mpi)、USロック的な爽快感のあるメロディを聴かせる「Next of Kin」(Vo:Benjamin)を経て、TVアニメ『アルドノア・ゼロ』の挿入歌「No differences」へ。アップテンポなビートに乗りながら、Aimee Blackschleger(Vo)は、憂いを帯びた歌声を響かせる。飯室博(G)が7弦ギターでハードなリフを奏でる「DOA」、哀愁感のあるメロディが胸を打つバラード「Release My Soul」では、独特な倍音を持つAimeeの声が澤野の楽曲を彩った。

▲Aimee Blackschleger

Aimeeに続いて、ディーバ然とした力強いボーカルを聴かせるEliana(Vo)が登場。TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』の挿入歌「S_TEAM」では“Everybody sing!”と視聴者にコーラスを求め、ミラーボールから光のシャワーがステージに降り注いだ「BRAVE THE OCEAN」では、熱量のあるシャウトとハイトーンのフェイクを披露し、大きな存在感を放った。

MCでElianaが“セッションしている感じになります”と語るように、この配信ライブでは、ミュージシャンたちが通常のライブのように横一列ではなく、円形状に中央を向く形で並んでいたのも大きな特徴に。ゲストボーカリストたちは、いつもの澤野のライブよりもミュージシャンたちとアイコンタクトを取ることが多く、ステジオでアーティストたちが深くコミュニケーションを取りながら、音を紡いでいる場面を観ているかのような感覚を覚えることもあった。また、今回は、通常の澤野のライブではマニュピュレーターを務めている相澤光紀がサウンドエンジニアとして、配信中にミックス作業をリアルタイムに実施。ボーカルはもちろん、各楽器がしっかりと聴こえるバランスのよいサウンドを届けていた。

自身が初めて参加した澤野作品となる「em0t1on」では、Elianaは1つひとつのメロディに想いを重ねていくかのように情感たっぷりに歌唱。途中、コーラスも加わり、壮大な雰囲気を作り上げていた。

▲Eliana

『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』挿入歌「Vigilante」は、mpiとGemie(Vo)の男女ボーカルが細かく絡み合うアグレッシブなデジタルロックナンバー。田辺トシノ(B)のグルーヴィなスラップベースや、椿本の流麗なギターソロなど、楽器プレイヤーの心を惹くポイントも多い。その土台を支えていたのが、藤崎誠人(Dr)のタイトでダンサブルなビート。長年レコーディング、ライブと澤野の音楽活動に密接に関わり、昨年12月4日に急逝した山内“masshoi”優(Dr)の弟子にあたる藤崎は、これまで澤野のMVや収録ライブに参加した経験はあったが、生ライブはこの日が初参加。安定感のあるビートを中心に、時折センスのよいフレーズを盛り込むなど、師匠を彷彿とさせるツボを押さえたドラムを聴かせていた。

▲Gemie

『プロメア』の挿入歌の中で、この日がライブ初披露となったバラード『ΛSHES』は、Gemieが叙情的なメロディを想いをたっぷりと込めて歌い上げる。

“配信ライブに慣れていないので、どういう感じで進んでいくんだろうと思ったのですが、いつも以上に高ぶってしまい、画面の向こうに届けたいという気持ちが溢れました”と、今回のライブに対する素直な感想を口にしたGemie。それを受けて“お客さんがいる時とは違う感情の高ぶり方をするなって思います”と語った澤野は、Gemieが2019年8月よりガールズメタルバンドAldiousに正式加入したことに触れつつ(同バンドではR!N名義)、“Aldiousの時はヘドバンとかしているようなので、いつかその要素を[nZk]にも持ってきていただいて、ヘドバンをくり広げていただければ“と茶目っ気たっぷりにコメント。Gemieも笑顔で返し、彼らの信頼の厚さを感じさせた。

澤野らしいソリッドでアタック感のあるグルーヴを放つ「NEXUS」へ。イントロからボーカルのLaco(EOW)が、“みなさん、楽しんでますか? おウチやからって、座ってませんか? ぜひ一緒に歌って踊ってください”と、視聴者を煽る。途中、幾何学模様の映像などが重ねられ、スタイリッシュな世界観を作り上げた。アニメ『進撃の巨人』の挿入歌「Zero Eclipse」では、ダークなサウンドに乗りながら独特な妖艶さを纏う歌声で魅せたLaco。しかし、直後のMCで、同曲が始まる直前にステージドリンクのストローに蓋がついていることに気づかずに飲もうとして、思わず“あっ!”という驚きの声を漏らしてしまったことを澤野にバラされ、その可愛いらしい反応とパフォーマンス中のクールな佇まいのギャップで笑いを誘っていた。

▲Laco(EOW)

ここで、バンドメンバーの紹介へ。澤野をはじめ、メンバーたちの右手&右腕に書かれていた“M”の字をカメラに見せながら“今日はMで”と語る澤野。このMは、いわずもがな山内優(Dr)のあだ名の“masshoi”の頭文字である。山内が、最後に澤野のライブステージに立ったのは、彼がこの世を去る直前の昨年12月1日のビルボードライブ東京公演。それから約8ヵ月間、澤野の単独公演は開催されていなかったこともあり、この2日間の生配信ライブには、山内に対する澤野やバンドメンバーの強い想いが込められていたのは間違いない。

ライブは終盤を迎え、ゲストとしてDo As Infinityの大渡亮(G)がステージに姿を表す。澤野は、Do As Infinityが2018年2月にリリースした12thアルバム『ALIVE』のサウンドプロデュースを務めており、同年5月13日の<澤野弘之LIVE [nZk]005>(パシフィコ横浜 国立大ホール)にはDo As Infinityの2人が、そして同5月20日の<Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE->の東京公演(東京国際フォーラム ホールC)には澤野がゲスト参加していた。この日、伴都美子(Vo)は不参加となったが、彼女の代打として、澤野は[nZk]プロジェクトのボーカリストの中からmizuki(UNIDOTS)を指名。Do As Infinityの「To Know You」「Alive」「火の鳥」の3曲を、mizukiは透明感の中に凛とした力強さを宿した歌声で彩った。また、大渡亮も、「To Know You」ではディレイをかけたクリーントーンによるフレーズ、「Alive」では緩急のあるソロ、「火の鳥」では歌心のあるリードフレーズなど、長年のキャリアに裏打ちされた巧みなギタープレイで存在感を見せた。

▲mizuki(UNIDOTS)

▲大渡亮(Do As Infinity)

<澤野弘之 LIVE “BEST OF VOCAL WORKS [nZk]” Side 澤野弘之>の大トリを飾るボーカリストは、[nZk]プロジェクトの“熱狂のアジテーター”のYosh(Survive Said The Prophet)。『進撃の巨人』の挿入歌「Barricades」の冒頭からアクセル全開で、フロアやカメラにマイクを向けて、“まだまだ聴こえていないよ!” “どうした?”と煽り立てる。途中、澤野とアイコンタクトを取って、お互いに笑顔を見せる場面も。「The Brave」においても、“まだまだ止まりませんよ!”と、ギアをさらに何段も上げてステージを所狭しと動き回りながら、アグレッシブなパフォーマンスを魅せつけた。

ハードな2曲から一転、アニメ『終わりのセラフ』の前期エンディングテーマであり、Yoshが初めて澤野作品に参加した「scaPEGoat」では、エモーショナルなメロディに魂のすべてを注入するかのように熱唱して、叙情的な景色を描いた。この振り幅の広さもまた、Yoshのボーカリストとしての大きな魅力である。

Yoshの熱量に圧倒されてピアノを弾くのを忘れてしまったという澤野。Yoshも“僕も自分の熱量に負けて(歌詞が)飛んじゃいました。ライブができないって、こういうことなんですよ。ライブができなくなると忘れちゃうっていう言い方はしたくないけど、忘れちゃうんですよね。みんな(ファン)と一緒にやりたいですね”と、彼のホームグラウンドであるライブに対する素直な想いを吐露。続けて、澤野の音楽家活動15周年に対して祝福とリスペクトの言葉を贈ると、自身が所属するSurvive Said The Prophetが10周年を記念してベストアルバムをリリースすることを告げた。

“初の配信ライブということで、日本のお客さま、そして中国のお客さまとこうやってコメントを見ながら、エネルギーをもらってライブができるのはすごく新鮮だなと思っています。この15周年のライブの時にやりたいと思っていた曲をやります。僕らメンバーが大好きな彼(山内“masshoi”優)にもこの曲が届いていると思います”と、視聴者への感謝と、山内“masshoi”優への想いを語ると、この日のフィナレートとなる「BELONG」へ。

イントロから天に歌を届けようと、ありったけの声を上げるYosh。疾走感溢れるビートに乗りながら、ミュージシャンたちは躍動感のあるプレイを放ち、この曲の大きなフックとなるシンガロング部分では、全員が声を発した。

▲Yosh(Survive Said The Prophet)

澤野弘之にとって初めての生配信ライブは、ステージから圧倒的なエネルギーを、画面を通じて視聴者に、そして空に向かって解き放って幕を閉じた。澤野弘之のボーカル曲の多彩さ、そして彼の作品に携わるアーティスト、ミュージシャンとの絆の深さを改めて確認できる夜となった。

取材&文:鈴木健也
撮影:西槇太一

<澤野弘之 LIVE “BEST OF VOCAL WORKS [nZk]” Side 澤野弘之>セットリスト

2020年8月6日

01. Inferno (Benjamin&mpi)
02. Gallant Ones (Benjamin&mpi)
03. Warcry (mpi)
04. Next of Kin (Benjamin)
05. No differences (Aimee Blackschleger)
06. DOA (Aimee Blackschleger)
07. Release My Soul (Aimee Blackschleger)
08. S_TEAM (Eliana)
09. BRAVE THE OCEAN (Eliana)
10. em0t1on (Eliana)
11. Vigilante (mpi, Gemie)
12. ΛSHES (Gemie)
13. NEXUS (Laco[EOW])
14. Zero Eclipse (Laco[EOW])
15. To Know You (大渡 亮[Do As Infinity], mizuki[UNIDOTS])
16. Alive (大渡 亮[Do As Infinity], mizuki[UNIDOTS])
17. 火の鳥 (大渡 亮[Do As Infinity], mizuki[UNIDOTS])
18. Barricades (Yosh[Survive Said The Prophet])
19. The Brave (Yosh[Survive Said The Prophet])
20. scaPEGoat (Yosh[Survive Said The Prophet])
21. BELONG (Yosh[Survive Said The Prophet])

■ミュージシャン
Drum : 藤崎誠人
Bass : 田辺トシノ
Guitar : 飯室博
Guitar : 椿本匡賜
Piano : 澤野弘之
Sound Engineer : 相澤光紀
この記事をツイート

この記事の関連情報