オジー・オズボーン、フェイス・タトゥーに反対

ツイート
Photo by Sam Taylor-Johnson

オジー・オズボーンは多くのタトゥーがあり、今年2月最新アルバム『ORDINARY MAN』をリリースした際には、オジーにインスパイアされたタトゥーを入れ、ひと足早くニュー・アルバムを聴こうというイベントを開くなどタトゥー愛好家ではあるのだろうが、首(襟)より上には入れないとのルールを設けているそうだ。

オジーは最近、自身のラジオ番組『Ozzy’s Boneyard』で、「俺は(フェイス・タトゥーは)絶対にやらない」と話した。「襟より上は何であれ止めるべきだ。正直言って、自分をダーティーに見せるだけだ」

オジーは数年前、50代のとき我に返ったと話していた。「右腕にタトゥーの袖を入れようとしてたんだけど、途中で止めた。シラフのとき“なんで俺はこんなことしてるんだ?”って思ったんだ。50代のときだった、と思う。肘のとこまできたとき、彫り師に言ったんだよ。“あのなあ、止めろ”って。“終わってない”って言われた。でも、俺にとってはそうなんだ。終わりだよ。それ以来(タトゥーは)入れてない」という。

オジーはまた、このラジオ番組で、ロックダウン中の家族との生活について「お互いイライラするようになってきた」と話した。「(家族と)自己隔離していると、いつもより顔を突き合わせることになる。どこにも行けないからな。いつも家族と一緒だから、自分のための時間がないわけだ。愛する人たちであったとしても、限度はある。(最初は)天国だ。でもだんだんお互いを苛立たせるようになった。みんなもそうだろ」

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報