りぶ、『劇場版BEM』主題歌を担当。TK(凛として時雨)が楽曲提供&プロデュース

ツイート


前作アルバムから約1年ぶりとなるりぶの新曲「unforever」が、『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』の主題歌を飾る。今回の発表にあわせて、告知映像を自身のTwitterで初公開した。

『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』は『妖怪人間ベム』生誕50周年を記念して2019年に制作・放送されたTVアニメ『BEM』の完全新作の劇場版で、主題歌発表とあわせて、本ポスタービジュアルおよび予告編映像が公開されている。主題歌「unforever」は、凛として時雨のTKが楽曲提供からアレンジ及びミックスまですべてのサウンドプロデュースを担当した。



りぶ、TK(凛として時雨)から、それぞれコメントも届いている。

  ◆  ◆  ◆

<りぶ コメント>
オファーを正式に頂いたときは“びっくり”というのが正直な心境でした。
昨年放送となったTVアニメ『BEM』にも錚々たる音楽陣が参加されている中で新作の劇場版主題歌を歌わせて頂けること、そして主題歌の作詞・作曲・プロデュースをTKさんに担当して頂けることは大変光栄な思いである反面、プレッシャーでいっぱいでした(笑)。是非主題歌も含め映画を楽しんで頂ければ幸いです。



  ◆  ◆  ◆

<TK(凛として時雨) コメント>
歴史のある、そして僕にとっては親しみのある作品ということでとても光栄です。
まずはりぶ君のアーティスト像とBEMのシナリオ、そして僕が表現したいものをどうミックスするかを考えました。映画においての主題歌は余韻を決定づける最も大切な瞬間の1つだからこそ、BEMが持っているすべての感情を頭の中に入れたつもりです。BEMの世界と現実の狭間でトリップ出来る楽曲になったと思いますので最後の最後まで堪能して頂けると嬉しいです。 「誰も考えない発想」が飽和している昨今、その色褪せないストーリーが更に多くの人に伝わることを願っています。そして、早く人間になれますように。



  ◆  ◆  ◆

■『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』

2020年10月2日(金)全国ロードショー
(c)ADK EM/劇場版BEM製作委員会
公式サイト:https://newbem.jp/2020_mv/
公式Twitter:@newbem2019
製作:劇場版BEM製作委員会

【スタッフ】
原作:ADKエモーションズ 監督:博史池畠 脚本:冨岡淳広 キャラクター原案:村田蓮爾
キャラクターデザイン・総作画監督:松本美乃 モンスターデザイン:関川成人 色彩設計:竹田由香  美術監督:金子雄司 CGディレクター:磯部兼士 ビジュアルエフェクト:森川万貴 編集:村上義典 音響監督:亀山俊樹 音楽:SOIL&"PIMP"SESSIONS 未知瑠
主題歌:「unforever」 歌:りぶ 作詞・作曲・編曲:TK(凛として時雨)
音楽制作:フライングドッグ 制作:Production I.G 配給:クロックワークス

【キャスト】
ベム:小西克幸 / ベラ:M・A・O / ベロ:小野賢章
ソニア:内田真礼 / ウッズ:乃村健次 / Dr.リサイクル:諏訪部順一
ドラコ:高木渉 / グレタ:伊藤静/ エマ:水樹奈々 / バージェス:宮田俊哉(Kis-My-Ft2)
マンストール:山寺宏一

この記事をツイート

この記事の関連情報