SUPER JUNIOR-K.R.Y. 、「Beyond LIVE」で5年ぶりの単独コンサートを開催」

ツイート

SUPER JUNIORのメインヴォーカルを務めるキュヒョン、リョウク、イェソンで構成されたユニットSUPER JUNIOR-K.R.Y.が、オンライン専用コンサート<Beyond LIVE - SUPER JUNIOR-K.R.Y. : The moment with us>を開催した。

◆コンサート画像

5月にSUPER JUNIORとしても出演した<Beyond LIVE>は、世界初のオンライン専用の有料コンサートで、SM ENTERTAINMENTが目指す新しいカルチャーテクノロジー(CT)のコンサート。SUPER JUNIORのほかにもSuperMをはじめ、WayV、NCT DREAM、NCT 127、東方神起などが既に公演を行い、今回の公演はSUPER JUNIOR-K.R.Y.として5年ぶりの単独コンサートとなった。


8月23日午後3時、NAVER V LIVEを通じ全世界に<Beyond LIVE - SUPER JUNIOR-K.R.Y. : The moment with us>の生中継がスタート。SUPER JUNIORの中でも歌唱力に定評のある3人ということもあり、全16曲その歌声で観客を魅了。

6月に韓国で発売された1stミニアルバム『When We Were Us』から「Way to Busan」「Home」「I Can’t」などは今回が初披露。他にも先月キュヒョンがソロでリリースした「Dreaming」など、各メンバーのソロ曲も披露となり、充実のステージとなった。


今回の公演は“童話”の世界観をコンセプトに、3人が“誰か”を探すというストーリになっていた。メンバーは童話の主人公のような王子様を彷彿させる衣装に身を包み、ARグラフィックを用いた演出で、1曲1曲聞き入るたびにK.R.Y.の世界に引き込まれていった。

さらに公演の後半、翌日8月24日がメンバーのイェソンの誕生日ということもあり、インタラクティブコミュニケーションを使いSUPER JUNIOR-D&Eのドンヘとウニョクが登場。バースデーサプライズの演出にファンのみならず、メンバーも驚きと喜びを見せた。


コンサート終盤、リョウクは「1日でも早く、(ファンのみんなに)オフラインで会いたいです。」とコメント。近々の再開を誓い、ステージを終えた。

公演直後にはハッシュタグ「#SuperJuniorKRY_BeyondLIVE」がマレーシア、フィリピン、シンガポール、タイなど各地域のTwitterリアルタイムトレンド1位を獲得し、SUPER JUNIORのワールドワイドな人気を表す形となった。

今年11月に15周年を迎えるSUPER JUNIOR。今後もいろいろな発表があるとのことなので、楽しみに待ちたい。

◆SUPER JUNIOR オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報