ディーヴォのM・マザーズボウがコロナ感染。規制を守らない隣人のTikTokerに家族が激怒

ツイート

ディーヴォのフロントマン、マーク・マザーズボウの妻が、隣人の迷惑行為について語る際、マザーズボウが6月に新型コロナウイルスに感染し、集中治療室に入っていたことを明かした。

米ロサンゼルスに住む人気のTikToker、“Sway House”のメンバー、Bryce Hall、Noah Beck、Blake Grayは、コロナ渦の中、パーティーを開いたり、迷惑行為により隣人たちを激怒させた。彼らの2軒先に暮らすというマザーズボウの家族も警察に通報したことがあるそうだ。

妻のAnitaさんは、夫の回復の邪魔をされたと『Daily Mail』紙にこう話した。「このウイルスは冗談じゃないのよ。私は直に体験した。私と娘たちは彼が死んでしまうんではないかと考えていた1週間があった。彼らの無分別な行動には気がおかしくなりそう。1日中続くのよ。プールで叫んでいる人たちがいて、大音量で音楽が流れ、道は車だらけ。彼らは住民の健康なんて考えていないみたい」

“Sway House”の家には100人以上が集まることもよくあり、路上での排尿、車内でのセックスなどが横行され、隣人たちは大激怒。ロサンゼルス市長は先週、コミュニティを危険にさらす大規模なパーティーの開催を阻止するため、3人が暮らす家のインフラを止めることを許可した。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報