雨のパレード、新曲「IDENTITY」配信+アナログな手法で撮影した幻想的なMV公開

ツイート


2020年12月23日(水)に今年2枚目となるニューアルバム『Face to Face』をリリースする雨のパレードが本日8月28日に、アルバムからの先行配信シングル「IDENTITY」を配信リリースした。

先日行われた初の配信ライブ<ame_no_parade DIGITAL LIVE 2020 "BORDERLESS ver.2.0">にて初披露された「IDENTITY」は、NHK Eテレで放送されているアニメ「メジャーセカンド」第2シリーズのために書き下ろされた新曲で、立ちはだかる壁を打ち破り、未来へと切り開いていく主人公たちと自分達の姿を重ね合わせ制作された。リリースに際して、福永浩平よりコメントが寄せられている。

  ◆  ◆  ◆

【コメント】
雨のパレードの現在地、存在証明として今回の新曲「IDENTITY」は改めて3人でのセルフプロデュースによりサウンドメイクしました。

前作のアルバムBORDERLESSで学んだ新しい制作方法なども、より自分たちのものになっている実感があります。

歌詞はアニメ「メジャーセカンド」に書いたものですが自分たちと重なる部分も多く感じています。

早くみんなの前で生で演奏したいです。

また、発売が発表された制作中の
新アルバム『Face to Face』も是非とも期待していてください。

ファンにも自分たちにも過去にも未来にも向き合って最高のアルバムを作れるように頑張ります。

── 福永浩平/雨のパレード

  ◆  ◆  ◆

本日公開された「IDENTITY」のミュージックビデオは、7月某日に都内近郊の大型スタジオにて撮影が行われ、監督は「Summer Time magic」、「Ahead Ahead」同様、林響太郎が務めた。淡く温かみを感じる照明の灯りを囲むようにメンバーが向かい合いながら演奏している模様を、エフェクティブかつ幻想的なタッチで描いている。また、今回はあえて全演出をアナログな手法を使って撮影しており、カメラレンズの前に波型の線が入ったモールガラスを設置したり、液体を入れたクリアボックスを通してカメラで撮影する演出、ミラーシートに照明を当てそこに反射した演者を映し出すなど、アナログながら斬新な撮影法により幻影的な映像を創り出している。


■Digital Single 「IDENTITY」


2020年8月28日リリース
NHK Eテレ「メジャーセカンド」第2シリーズ 新エンディングテーマ
https://jvcmusic.lnk.to/Identity
※ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信中。
※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music

この記事をツイート

この記事の関連情報