ジェニファー・ロペス、ビリー・アイリッシュに会った娘の涙で「ファンの気持ちがわかった」

ツイート

ジェニファー・ロペスは、ビリー・アイリッシュの大ファンである娘がビリーに会ったとき涙したのを見て、自分のファンの気持ちを理解することができたという。

◆公開された写真

彼女は『The Corp Season 3』のインタビューでこう話した。「私の娘はビリーが大好きなの。コンサートの後、娘と楽屋へ行ったのよ。そしたら、娘はハッと息をのみ、顔を覆ったの。“どうしたの?”と思って彼女を見たら、泣いてたわ。娘は8歳のときからファンで、いま12歳なんだけど、ずっとビリーをアイドル視してたわけ。ビリーの曲や彼女が言うことに感銘を受けてた。彼女のスタイルが大好きなのよ」

「そのとき、私は“オー・マイ・ゴッド”って思った。“私のファンたち……だから泣いてるのね”って理解したのよ。娘がそうするのを目にするまで、わかっていなかった。うまく説明できないんだけど、ショッキングな体験だったわ。自分のやっていること、ファンたちをもっと有難く思うようになった。それに、ビリーが娘にしてくれたことを」

初心を思い出させてくれたような出来事であり、「私たち、ビリーを愛してる」と話した。

ジェニファーは今年3月、その時に撮ったビリーとハグする写真をインスタグラムに投稿していた。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報