【ライブレポート】<a-nation online 2020>Green Stage、三浦大知、SUPER JUNIORらが作り出した一体感

ツイート

8月29日に開催された<a-nation>初のオンラインフェス<a-nation online 2020>。

◆ライブ画像(40枚)

Green StageではDA PUMP、三浦大知をはじめ、海外からはSUPER JUNIOR、STAMPなど15組が登場。距離を感じさせない一体感を味わえる饗宴が楽しめた。


■BuZZ
トップを飾るのはBuZZ。ファンキーな「BEST SHOT」「ハミデルロマンス」では4人がステージ前ギリギリのところで客席を指さすパフォーマンスで、オンラインの距離をぐっと縮めてくれる。高音と低音、ラップが絡みながら心地よく聴かせてくれたメロウな「Forever Young」を歌い終え、「今日一日Green Stageを見る皆さんが最高の一日になりますように!」と残し華やかな幕開けを飾ってくれた。


■HAO(石承鎬)
HAOのスーッと伸びるハイトーンのボーカルは涼しげで、日本人の琴線に触れるメロディーを丁寧に歌い紡いでいく。日本語で「<a-nation>の皆さん、大好きです! Do you love me?」とMCし、耳に手を当て反応をうかがうようなそぶりをし、照れ笑いする場面も。時折見せる切なそうな表情も、歌の世界観を描き出しているようだった。


■三浦大知
6月に配信限定でリリースされた「Yours」でスタートした三浦大知のステージは圧巻、そして距離を全く感じさせない一体感。通常のツアーと同様のバンド、ダンサーとともに「オンラインでも、音楽でつながりましょう!」とライブでは必ず口にしているMCに続き、歌詞のフレーズを体の動きで表現するような「Blizzard」から、間髪入れずに「(RE)PLAY」へ。「できる人は一緒に!」と「EXCITE」ではタオルを振り回し、「Perfect Day Off」では円を描くように両手を大きく振る。「みんなのことは見えないけど、最高なのは伝わってきます!」という笑顔に汗が光る。最後の「I’m Here」は、コロナ禍に揺れる心情と現状にそっと寄り添うように「何もない自分をただ生きていけばいい」と歌いかける。曲の途中でダンサーと笑い合ったり、ステージを去る際もメンバーの背を叩き袖からフロアに向かって一礼。すべてが三浦大知そのものな、完璧なショーだった。


■BACK-ON
日本のみならずアジア、アメリカ、ヨーロッパと各地でライブを行い高い評価を得ているBACK-ONは、MCのTEEDAとボーカル&ギターのKENJI03の2人組。ずしんと響くヘヴィなサウンドにシリアスな曲調の「Misty rain」から、足立区出身の幼馴染である彼らの意気が満タンに詰まった「TOKYO BE-BOP」まで刺激的なステージだった。


■BALLISTICK BOYZ from EXILE TRIBE
BALLISTICK BOYZ from EXILE TRIBEの7人が一列にそろったステージは、壮観の一言。トライバルな「ANTI HERO’S」、スリリングな「44RAIDERS」でライブはスタート。ステージを前後左右に大きく使った彼らならではのパフォーマンスが楽しめた。ダンスホールやエッジの効いたEDM、スパニッシュで情熱的なナンバーなど、一つとして同じ色のない楽曲が繰り出される。「こんな時期だけど、ステージに上がれることがうれしい!」というMCにも表れている通り、ステージの熱量をダイレクトに伝えるような7人それぞれのダンスにも、動きのそろったパフォーマンスにも目が釘付け。この日が初披露になった新曲「SUMMER HYPE」は夏っぽさが満開のホットなナンバーで、「皆さんにとって最高の夏になるように!」とのメッセージを添えて聴かせてくれた。


■I Don’t Like Mondays.
4人全員がシックな黒の衣装で大人のムードを醸し出したI Don’t Like Mondays.。スムースなソウルナンバー「Plastic City」から熱い「LEMONADE」まで、男くささと芳醇なお酒のような味わいが絶妙に混ざり合ったステージで酔わせてくれた。


■JADE
台湾を拠点に活動するギター&ドラムの2人組、JADE。簡単なMC以外は曲を演奏するのみのステージながら、オルタナティブやラウド、ヘヴィロックに通じるシンプルで無駄をそぎ落としたライブを披露。芯の太いサウンドに乗るボーカルの繊細さも充分に耳を惹きつけた。


■Da-iCE
彼らの楽曲の中でも人気の高い「FAKE ME FAKE ME OUT」でスタートしたDa-iCEのライブ。花村想太、大野雄大の2人のボーカルがステージの左右に立ち、その間で3人がゆったりと、息の合ったダンスで曲を立体的にしていく。ドラマチックな「FAKESHOW」や、「Chocolate Sympathy」では椅子を使ったパフォーマンスで惹きつける。汗だくになりながらMCでは、「どこでやっても<a-nation>は暑い!」と、息が上がっているさまもリアルに伝える。最後はアニメ『ワンピース』の主題歌になっている「DREAMIN’ ON」でさわやかな風を巻き起こすようなライブステージを締めくくった。


■lol-エルオーエル-
「lightning」で見せる切れ味の鋭いダンスパフォーマンスと、「perfect summer」で聴けるポップで軽やかなメロディー。この日、白と黒のモノトーンの衣装でステージに現れた男女混成5人組lol-エルオーエル-は、その衣装さながらにハードな面とソフトな面を合わせ持ったステージを楽しませてくれた。ラップの迫力や歌声、表情に5人それぞれの個性が光っていた。


■DA PUMP
カラフルな衣装に身を包んだDA PUMPの7人は、オープニングの「P.A.R.T.Y.~ユニバース・フェスティバル〜」でステージの温度を一気にブチ上げる。MCでは一人一人が「いつも以上にパワー全開で歌っていきます」「全力で盛り上げていきたい」「来年の<a-nation>につなげるパフォーマンスを届けたい」と語った後にISSAが「寂しい気持ちになったりもするけどそんな時は僕らの歌を聴いて」と、「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」をはじめ新旧のグレイテストヒッツメドレーを披露。ダンスの合間にカメラに向かってピースをしたり、MCではモノマネまで飛び出すなど、7人全員が持ち前のサービス精神を余すところなく発揮。9月30日にリリースする新曲「Fantasista~ファンタジスタ~」では、曲に先駆けTOMOによる情熱クラップダンスのレクチャーが。ラテンフレーバーの効いたトロピカルな曲に続き、ラストは「U.S.A.」で締めくくった。


■Wayne Huang(黃偉晉)
台湾で俳優、シンガー、そしてダンサーとしても活躍するWayne Huang(黃偉晉)。ステージではバンドを背にフォーキーな曲を聴かせ、歌っている間は熱っぽい視線をカメラとその向こうにいるリスナーに送るけれど、MCでは照れたような笑顔がこぼれる。ゲストラッパーを交えつつ、ラストの「everyday」まで歌心あふれるステージが楽しめた。


■STAMP
続いて登場したのは、タイの国民的ポップスターSTAMP。伸びやかなハイトーンが心地よい「Bangkok Summer」と切ないバラードの「How to live without you」を続けて聴かせた後に、ビッグニュースを投下。9月にエイベックスからリリースする新曲でSKY-HIとコラボ、その曲「ジェイルハウスfeat. SKY-HI」をこの日初披露。以前SKY-HIの曲でも彼らはタッグを組んでいるが、新曲は柔らかみのある日本語ボーカルとドープなラップが見事に融合。ますます今後が楽しみだ。


■SKY-HI
冒頭シルエットで登場。真っ暗なステージに浮かび上がる白い衣装やプロジェクションマッピングを思わせる背景も目を引く中、新曲「SKY’s The Limit」から「Simply Yourlife」「Doppeelgänger」と息つく間もなく畳みかける。痛烈な風刺やメッセージをマシンガンのように繰り出す曲を彩る蜘蛛の糸のようなレーザーライトや、水中を泳ぐような効果音。踊るというより舞うようなダンス、アクション。舞台芸術と言いたくなるような圧倒的なステージングで魅了する。「さぁ、ここから始まるぜ」と放った「Double Down」では堰を切ったようにあふれるままステージを動き回る。背後にもぐるりと360度カメラが回り、様々なアングルからステージが見渡せるのもオンラインならでは。「遠くからでも心を飛ばしてくれよ」と叫んだ「カミツレベルベット2020」はカメラを通して画面の向こうにいる人に直接歌いかけるよう。最高が何かを証明してくれた。


■Julius(刘维)
それまでアコースティック風味なサウンドに、伸びやかな声をしっとりと聴かせていたJuliusのパフォーマンスは、ラストの「come back to me」「Burning night」でがらりと印象が変わった。R&Bやミラーボールの似合うダンスナンバーを披露。多面的で奥深いシンガーに今後も注目したい。


■SUPER JUNIOR
日本のファンにとっても大切な曲である冒頭の「U」。「みなさん! <a-nation>にSUPER JUNIORが来ましたよー!」と日本語でのMCに続き、迫力のあるライブパフォーマンスで魅了していく。続く「MAMACITA」「Mr.Simple」はなんと日本語バージョンで披露。MCでは「直接会えなくて寂しいですが、いつかまた会える日まで元気で」「どこにいてもみんなを愛してる」と想いを込めたメッセージを贈り、ラストは「Devil」を。ストリートっぽさとポップさがミックスされた、彼らの魅力が存分に味わえる楽曲だ。メンバー間でのユーモアあふれるやりとりや、ダンスの合間にウインクしたり、ユニークな表情をしてみたり。カッコよさはもちろん、初めて彼らを知る人、見る人も自然に包み込んでしまう歌、ダンス、キャラクターすべて含めたパフォーマンスの精度はSUPER JUNIORならでは。貫録のあるステージングで<a-nation online 2020のGreen Stage>を締めくくってくれた。

文◎梶原有紀子

■「a-nation online 2020」Green Stage
BACK-ON/BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE/BuZZ/Da-iCE/DA PUMP/HAO(石承鎬)/I Don’t Like Mondays./JADE/Julius(刘维)/lol-エルオーエル-/三浦大知/SKY-HI/STAMP/SUPER JUNIOR/Wayne Huang(黃偉晉)

◆<a-nation>オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報