チャーリー・パーカー、生誕100年を記念した特別コンテンツ公開&ビル・クリントンやハービー・ハンコックからのお祝いコメント到着

ツイート
(C)William P. Gottlieb/Ira and Leonore S. Gershwin Fund Collection, Music Division, Library of Congress

音楽史を語る上で欠かすことのできない存在、モダン・ジャズの父と呼ばれ、ビバップを生みだしたアルト・サックス奏者、チャーリー・パーカーが2020年8月29日に生誕100年を迎えた。それを記念し、チャーリー・パーカーのYoutubeチャンネル(https://www.youtube.com/charlieparkerofficial)で、著名人たちからのコメントが公開された。

◆チャーリー・パーカー 関連動画&画像



チャーリー・パーカーは1920年8月29日、カンザス州のカンザスシティに生まれ、アルト・サックス奏者として、そして作曲家として「ビバップ」という演奏スタイルと生みだし、当時、主流だったビッグバンドによるスウィング・ジャズから、モダン・ジャズへと流れる潮流を生みだしたレジェンドである。稲妻のようなテンポで心に響くコードを操り、ハードバップ、フリージャズ、フュージョン、そしてその後のすべてのジャンルへの道を切り開き、1955年に34歳という若さでこの世を去ってからも、彼が起こした芸術革命は、ケンドリック・ラマ―の情緒的なヒップホップや、カマシ・ワシントンによる広大的なジャズなど、未だに多くのアーティストに影響を与え続けている。

数々のグラミー賞殿堂入り作品を残し、ジャズ史上の最重要人物と言われる彼の誕生から今年で100年目を迎える。そして、記念すべきアニバーサリー・イヤーを祝うべく、彼のファンとして知られている著名人たちからのコメントがパーカーの公式Youtubeチャンネルで公開された。幼い頃から何度も彼のソロを聴き、真似をするために彼の演奏をブレイク・ダウンして読み解こうとしていたというビル・クリントンは「若くしてこの世を去ったが、彼の精神は、彼の音楽の美しさ、力、天才を通して生き残っている」と語っている。ビル・クリントンの他にも、ハービー・ハンコックや、ウィントン・マルサリス、クリスチャン・マクブライド、ジョン・バティステなどの豪華な面々からのコメントが届いている。

またSNSでは「バード」という愛称で親しまれたパーカーの誕生日を祝うために「#Bird100」というハッシュタグが登場。9月2日にはチャーリー・パーカーの名盤のUHQ-CDでのリイッシュー第一弾も発売となる。『路上』(新訳版『オン・ザ・ロード』)の著者、ジャック・ケルアックが「ベートーヴェンと並ぶ重要な人物」と称し、ニューヨーカー紙が「20世紀音楽の驚異の一人」と、そして、ニューヨーク・タイムズ紙が「無類」「ビバップの原型」と評する唯一無二の天才の生誕100周年のお祝いは今後も続く予定だ。



■作品情報

『GREATEST CHARLIE PARKER』
発売中
UCCU-1644/5 \2.200(税込)
https://jazz.lnk.to/GreatestCharlieParkerPR

『THE SAVOY 10-INCH LP COLLECTION』
『ニュー・サウンズ・イン・モダン・ミュージック』
デジタル&輸入LP発売中 / フィジカル:11月6日リリース
https://jazz.lnk.to/CharlieParker_SavoyPR
<チャーリー・パーカー生誕100周年UHQ-CD リイッシュー>第一弾
2020年9月2日(水)全8作品発売
https://www.universal-music.co.jp/jazz/release2020/cat/charlie-parker/

◆チャーリー・パーカー オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報