映画『メイキング・オブ・モータウン』、13歳のスティーヴィー・ワンダー初の全米シングル1位誕生の瞬間を記録した貴重映像がウェブ初解禁

ツイート

伝説の音楽レーベル“モータウン”創設者ベリー・ゴーディJr.が、引退直前に初めて密着を許可したドキュメンタリー映画『メイキング・オブ・モータウン』が、2020年9月18日(金)に日本公開される。 今回、天才スティーヴィー・ワンダーが、13歳で初めて全米シングルチャート1位を獲得した音源が誕生した瞬間を記録した映像がウェブ初解禁された。

◆『メイキング・オブ・モータウン』 関連動画&画像


計22部門でグラミー賞を受賞、最も受賞回数が多い男性ソロシンガー、スティーヴィー・ワンダー。偉大なアーティストの彼が初めて全米シングルチャート1位を獲得したのは、なんと13歳のとき。11歳でデビューし、シングルと2枚のアルバムをリリースするもヒットには恵まれていなかった。

ベリー・ゴーディが注目したのは、コンサートでのスティーヴィーのパフォーマンスだった。当時、<モータウン・レビュー>でツアーをしていたモータウン。1962年6月のシカゴでのコンサートでそれは起きた。演奏を終えステージを去る当時12歳のスティーヴィーは注がれる観客の大歓声を受け、ステージに戻り既にリリースされていた「フィンガーティップス」を、観客を煽りながら演奏を始め最高のパフォーマンスを披露した。このときのライブ音源は4枚目のシングルとしてリリースされ、それまで誰も成し遂げたことのなかった、ライブ音源でのシングルチャート1位獲得という偉業を成し遂げた。今回解禁されたのは、このスティーヴィーが初めてシングル1位を獲得したシングルに収録されたライブ映像の一部である。


映画本編では、スティーヴィー・ワンダーが、11歳で初めてモータウンを訪れたときの逸話を、スティーヴィー・ワンダー本人や、ベリー・ゴーディJr、スプリームスのメンバーだったメアリー・ウィルソンなどのエピソードで振り返る。スモーキー・ロビンソンに「あなたより歌えるよ」とい言い放ち、グランドピアノ、ドラム、オルガン、ボンゴ、ハーモニカを次々に演奏したスティーヴィーの当時の衝撃のモータウンとの初対面をぜひ映画で確認いただきたい。


『メイキング・オブ・モータウン』

2020年9月18日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次ロードショー
監督:ベンジャミン・ターナー、ゲイブ・ターナー
出演:ベリー・ゴーディ、スモーキー・ロビンソン
2019/カラー/5.1ch/アメリカ、イギリス/ビスタ/112分/原題:Hitsville:The Making of Motown/字幕翻訳:石田泰子監修:林剛配給:ショウゲート
(C)2019 Motown Film Limited.All Rights Reserved

◆『メイキング・オブ・モータウン』 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報