髙橋多聞、四畳半フォーク的な抒情性の3rdシングル「ただ、眺めている」リリース

ツイート

シンガーソングライター髙橋多聞が、3rdシングル「ただ、眺めている」を9月2日にリリースした。

「ただ、眺めている」は、前2作が「New Music Wednesday」や「Early Noise Japan」など複数のSpotify公式プレイリストに選出され話題となった髙橋多聞の3ヵ月連続シングルリリースのファイナルを飾る作品。本人が「四畳半フォーク・リバイバル」と名付ける、歌謡曲やフォークソングを思わせるメロディーと、ガレージロック・リバイバルの影響を受けたアレンジが特徴的な一曲だ。

●本人コメント
皆さんこんにちは。髙橋多聞です。前2作を多くの人に楽しんでいただいて、とても嬉しく思っております。ありがとうございます。今作は日本的叙情とロックの初期衝動を掛け合わせたような曲で、僕はこれを「四畳半フォーク・リバイバル」と呼んでいます。懐かしさと切なさ、そして静かに燃えるような熱を感じる曲になっていると思います。是非、秋の夕焼けを眺めながら聴いて貰えると幸いです。

リリース情報

タイトル: ただ、眺めている
https://FRIENDSHIP.lnk.to/justwatchingyou
Release: 2020.9.2
Format: Digital
Label: FRIENDSHIP.
Track:
1. ただ、眺めている
この記事をツイート

この記事の関連情報