ティアック、Bluetoothトランスミッター搭載のアナログターンテーブル「TN-280BT」

ツイート

手持ちのワイヤレスヘッドホンやワイヤレススピーカーでレコードの音を楽しめる、Bluetoothトランスミッター搭載のアナログターンテーブルがティアックより登場。「TN-280BT」が9月中旬に発売される。

「TN-280BT」は、フォノイコライザー内蔵、カートリッジ装着済みのアナログターンテーブル。内蔵のBluetoothトランスミッターを使ってワイヤレスヘッドホンやワイヤレススピーカーでレコードの音を楽しむことができる。また、Bluetooth機能のあるオーディオシステムと組み合わせれば、ケーブルの配線を気にせずターンテーブルを自由に設置することが可能。部屋やライフスタイルに合わせた置き方ができる。


▲キャビネットには高密度MDFを採用。ラバー製インシュレーター装備でレコード再生には大敵となる振動を吸収して針飛びやハウリングを抑制する。付属品はフェルトマット、ドーナツ盤用アダプター、カウンターウェイト、ダストカバー、RCAケーブルなど。

ターンテーブルとしての基本性能と質感にもこだわった。安定した回転を実現するアルミ・ダイキャスト製プラッターや、アンチスケーティング調整機構付きスタティックバランス型ストレート・トーンアームを採用。キャビネットには高密度MDFを採用し、高い剛性と制振性を確保している。

フォノイコライザーアンプを内蔵したことで、フォノ入力を持たないステレオアンプやミニコンポ、ラジカセなどに接続できるのも便利なところ。内蔵フォノイコライザーをスルーして、フォノ端子付きのアンプも使用可能だ。


▲出力はフォノ、ライン、Bluetoothの3種類。背面にはフォノイコライザーのON/THRUスイッチが用意されている。電源は付属のACアダプターを使用する。

製品情報

◆TN-280BT
価格:オープン(ティアックストア価格 27,280円 税込)
発売日:2020年9月中旬
この記事をツイート

この記事の関連情報