平山カンタロウ「キミと歯のうた」、日本小児歯科学会の推薦曲に

ツイート

平山カンタロウの「キミと歯のうた」が、公益社団法人日本小児歯科学会の推薦曲に決定した。

◆ミュージックビデオ

NHK『みんなのうた』(2020年8-9月)のために書き下ろされた同曲は、子どもの歯(乳歯)が子ども達の成長を温かく見守る気持ちを描いた楽曲。オンエア後、日本小児歯科学会の関係者の耳にもとまり、公立大学法人九州歯科大学 理事・副学長で学会の牧憲司理事長をはじめ、執行部全員の賛成により推薦曲に決定したという。


牧理事長は「推薦理由として歌詞、メロディー共に子ども向けの心和むものであり、保護者にとっても 安心できる内容であるから。また子どもの口腔健康増進に適した内容の歌詞と落ち着いたほのぼのとしたメロディー、保護者の子どもの口腔への関心が高まると思います。」と説明。

平山は「キミと歯のうたが、こうして歯の大切さを伝える一翼を担えることをとても嬉しく思います。この曲を聴いて、もっともっと歯を大事にしようと思う方が増えたら、こんなに素敵なことは無いです。乳歯も永久歯も温かく見守ってくれているので、いつもきちんと綺麗にしてあげたら、きっと喜んでくれると思います。」とコメントを寄せた。平山は今後、「キミと歯のうた」を歌うことにより、子どもたちに口腔健康増進の啓蒙活動を行なう。



メジャーデビューシングル 「キミと歯のうた」

2020年8月12日(水)発売
MUCD-5372 / 1,091円+税
[収録]
1.キミと歯のうた(NHK みんなのうた 2020年8-9月放送)
2.ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー

  ◆  ◆  ◆

「キミと歯のうた」
うた:平山カンタロウ
作詞・作曲:平山カンタロウ
編曲:Shinpei
アニメーション:坂井 真(白組)

アイスやジュースなど甘い物をついつい食べてしまう季節。
子どもの歯(乳歯)が子供達の成長を温かく見守る気持ちが描かれた曲をお送りします。
まだ歩けない、喋れない頃から生えだし、小学生も高学年になるとすべて抜けて大人の歯に生え変わってしまう。決して大人になった「きみ」とは一緒に過ごせないけれど、いろんな思い出を胸に、新しい大人の歯にバトンタッチをする。
平山カンタロウが、ソロで歌う健気で温かい歯の物語です。

この記事をツイート

この記事の関連情報