KEIKO、ソロ初の有観客配信ライブ開催。12月に1stアルバム決定

ツイート

KEIKO(元Kalafina) が2020年9月6日、渋谷 CLUB QUATTRO にてソロデビュー後の初ライブ<“KEIKO First Live K001 ~I'm home~”>を開催した。

◆ライブ画像

有観客配信ライブとなった本公演は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、本来10月から予定していたツアーの開催が中止となった中、多くのファンから後押しを受け実現に至った。 ライブパフォーマンスとしては、昨年の梶浦由記ライブツアー<Yuki Kajiura LIVE TOUR vol.#15 ~The Junctions of Fiction 2019~>以来、約1年ぶりとなる。



ライブでは臨場感溢れるバンド編成のサウンドをベースに、梶浦由記が曲を書き下ろし、KEIKOが歌詞を書いて完成した楽曲 「七色のフィナーレ」の初披露や、KEIKO自身が学生時代に音楽に目覚め、歌手になるきっかけとなったアーティスト、尾崎豊の名曲の一つである「I LOVE YOU」を初カバーするなど、本編11曲、アンコール1曲の計12曲を披露した。

今回は初歌唱披露した「命の花」「Be Yourself」など、自分の声に向き合い、曲に対するアプローチを試行錯誤しながら現在制作中の新曲や、音楽的ルーツとなる曲を織り交ぜながらのライブ構成となった。

また、ライブ中のMCでは、12月2日に1stアルバムの発売も決定したことを報告。KEIKOは「アルバム、12月2日にでます。そのアルバムには梶浦さんから曲を書いてもらっちゃったんです。作曲:梶浦由記、作詞:KEIKO、そして、編曲:清水信之、ギター:是永巧一と、わぁっ!!ってなる布陣で1曲作っていただきました。」とコメントしている。


■1st Digital Single『命の花 / Be Yourself』配信中
https://avex.lnk.to/KEIKO_0527

■2nd Digital Single『Ray / 始まりは』配信中
https://avex.lnk.to/KEIKO_2nd

◆KEIKO オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報